意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「状況の悪化を懸念する。」

これもなんとなくは意味がわかるのですが、ハッキリとは答えにくいですね。
心配という意味とは思うけど、心配という漢字じゃない、と。
意味を説明していきます。


<懸念の読み方>

読み方は「けねん」になります。


<懸念の意味とは>

これは、

「気になって心から離れず、不安に思うこと」

という意味になります。

先ほどの例でいくと、
「状況が悪化すると気にかかり不安視する。」という意味なります。
ずっと心に思う不安というのが懸念の意味ですね。

気になって心から離れないということで、
「執着する・執念」という意味もあります。

日常会話で使うのはほとんどこれらの意味ですが、
仏語としては、「一つのことに心を集中させる」という意味もあるようです。

「懸」は「心にかける」という意味の漢字です。
そのため、「思いを心にかける」という意味です。



<懸念の使い方>

・iPad2生産ピンチ、日本製部品の供給懸念。

・ブログなどのコンテンツを量産する「コンテンツミル」に対する懸念が広まっている。

・しかし米業界は近年、こうした懸念を着々と減らしてきた。

--

以上、懸念の意味でした。



進捗の意味 | 意味ブロトップへ | ご了承くださいの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
私は、「懸念」という言葉の読み方は知っていましたが
「安心できず、不安に思うこと」という意味までは知りませんでした。
日常会話であまり使うことはない言葉かもしれませんが
使える機会があれば使ってみようと思いました。

2014/03/31(月) 14:44:12 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する