意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「天地無用」

宅配する時にダンボールによく貼るシールです。
どういう意味?とそういえば聞かれたことばあるなと、
この言葉も登録することにします。


<天地無用の読み方>

これは、

「てんちむよう」

と読みます。
変換は普通にできます。


<天地無用の意味>

これは、

「上下を逆さまにしてはならない」

という意味です。

よって、このシールが貼っている面が上で、絶対に引っくり返すな!
という意味で、ダンボールに貼るようにします。

で、なぜ「天地無用」がそのような意味になるのか?
言葉を分解してみましょう。

「天地」は「天と地」という意味で、
ようは空と地面、上と下という意味になります。
「天地する」という言葉が昔からあり、
「上下を逆にする」という意味で使われていました。

「無用」はいろいろ意味がありますが、
今回の使い方では、「してはいけない(禁止)」という意味になります。
他の使い方として有名な、「問答無用」という言葉がありますね。
あとは「心配無用」とか。「心配はいらないよ」ということです。

二つを合わせると、「上下逆にするのは禁止」という意味になるのもわかります。
「無用」の意味さえわかれば簡単です。


<天地無用の使い方>

・天地無用でお願いいたします。

・天地無用を前提にした包装形態。


以上、天地無用の意味でした。

ポリシーの意味 | 意味ブロトップへ | 配慮の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する