意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「住民の気持ちを配慮して工事を計画する。」


考慮とどう違うのか?とか疑問に思う、
人がいるということにして、解説することにします。


<配慮の意味>

これは、

「相手の気持ちを深く考え、気を配る」

という意味になります。
「心遣い」とほぼ同じ意味となります。

先ほどの例文の「住民の気持ちを配慮して工事の計画をする。」というのは、
「住民の気持ちを深く考え、十分に気を配った工事の計画をする。」
といった意味になります。

気持ちを十分に考えることを配慮、
気持ちだけでなく、様々な要素を含めてよく考えることを考慮と言います。
この使い分けは間違えないようにしましょう。

ただ、「環境に配慮」とか、人以外においても使われます。
自然の気持ちを配慮ということですね。


<配慮の使い方>

・温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約

・適切な環境配慮を行うことが重要です。

・喪主に配慮して進行を行う。


以上、配慮の意味でした。
この気持ち、大事です。


天地無用の意味 | 意味ブロトップへ | 翡翠の意味と読み方

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する