意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「感慨深いお話でした。」

この「感慨」について意味を書いていきます。
結構便利なことばですので、意味を知っても損はないと思います。

<感慨深いの読み方>

これは、

「かんがいぶかい」

と読みます。
漢字そのままの読みですね。


<感慨深いの意味>

これは、

「しみじみと心にとても深く感じた」

という意味になります。


「感慨」という言葉だけで、「心に深く感じてしみじみとした気持ちになる」という意味ですので、
「感慨深い」は、さらに深く感じたということになります。

ちなみに、「しみじみ」というのは、
「心の底から深く感じた」「心を開いて向き合う」といった意味があります。

「感」は「大きな影響を受けて心が動く・感じる」といった意味の漢字で、
「慨」は「心が詰まる・嘆く」という意味の漢字です。
よって直訳的には、「心が詰まるほど感じる」という意味になります。
感じるものがたくさんありすぎて、詰まってしまうものですね。

あと、似た言葉として、「感慨無量」という言葉あります。
これは、「感無量」の正しい言い方で、意味は同じです。
意味も漢字そのままで、「感慨が計り知れないほど大きい」という意味になります。

いろいろと、コメントで使うには良い言葉かなと思います。


<感慨深いの使い方>

・ほのぼのしながら感慨深い本です。

・感動する映画&感慨深いドキュメント

・お坊さんの感慨深いお話


以上、感慨深いの意味でした。


言及の意味 | 意味ブロトップへ | モチベーションの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
私の職場は年配の方が多いのでよくその方達のお話を聞く機会があるのですが、
私はあまり言葉を知らないので良い話しを聞いてもどう返せばいいのか解らない時があります。
感動する話しを聞いても「凄いですね」としか言えませんでしたが、
感慨深いという言葉の意味を知れたので、もしコメントに困った時は使ってみようと思います。
2014/03/23(日) 10:34:16 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する