意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「前任者の轍を踏まないようにしてください。」

なかなか漢字も難しいですが、意味も一工夫必要で難しいです。


<轍の読み方>

これは、

「てつ」

または、

「わだち」

と読みます。
上記例文の使い方だと、「てつ」という読み方になります。


<轍の意味>

これは、

「通り過ぎた車輪の跡」

という意味と、

「行き方・先例」

という意味があります。
「車輪の跡」であれば、主に「わだち」と呼ばれています。
「先例」であれば、「てつ」と読むのが一般的です。

なぜ車輪の跡が先例という意味になるのか?については、
通った跡=行った跡=先例という意味に繋がっています。
代表的な使い方としては、「轍を踏む」という言葉がです。
これは、「前任者が犯した過ちを繰り返す例え」という意味として使われています。
また同じ跡を付けたな、ということです。

<轍の使い方>

・轍さえもない道をただ進め

・ぬかるみに轍ができている

・轍を踏むような愚かな真似はするな


以上、轍の意味でした。
わだちは舗装されていない道では当たり前に見かけます。
しかし、舗装されている道でも時々見かけます。
陥没といった方がいいかもしれませんが。。バイクだとかなり危険。

検討の意味 | 意味ブロトップへ | 終日の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する