意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「相手の気持ちを考慮して、A案に決定することにしました。」

その考慮した点を具体的に話してもらおうか・・・
と言われたら意味が違っていると恥ずかしいところです。


<考慮の読み方>

これは、

「こうりょ」

と読みます。


<考慮の意味>

これは、

「様々な要素を含めてよく考える」

という意味です。


懸念事項が多数あれば、その懸念事項を全て踏まえた上での考えになります。
「本人の希望を考慮する」というのであれば、自分の考えだけでなく、
本人の希望(考え)を受け止めて、それも含めてよく考えるという意味になります。
一つの要素でも、複数の要素でも関係なく、受け止めてよく考えることが考慮になります。

逆に、「考慮しない」とか、「考慮の余地がない」というのは、
「受け止めてよく考えることはしない・考える余地がない」という意味です。
*余地の意味:さらに物事を行う余裕のこと。

ただ、日本人は考慮する気はなくても、「考慮します」と答えるものなので、
本当に考慮しているのか、逃げ言葉なのかはわからないところです。
「検討します」と同じような意味で連発する人もいるので気をつけましょう。

「考慮」のそれぞれの漢字の意味と語源・由来を説明します。

「考」は「かんがえる」という意味の漢字。
字源は「背中が曲がった老人」を表す漢字で、
その老人の知恵から「考える」という意味になったようです。

「慮」は「おもんぱかる(心をめぐらせる・深く考える)」という意味の漢字。
字源は「心」と「囲む」という意味の組み合わせです。
「心をめぐらす」という意味になります。

よって二つを合わせて、
「心をめぐらせて考える」という意味になります。

いろいろな考えを巡る、そのようなイメージで使いましょう。


<考慮の使い方>

・耐津波対策を考慮した下水道施設設計の考え方

・アクセシビリティ・ユーザビリティを考慮したWEBページ作り

・天皇陛下、追悼式ご出席へ 負担を考慮し20分間に短縮


以上、考慮の意味でした。
何事も考慮する気持ちが社会人では重要かと思います。


終日の意味 | 意味ブロトップへ | 当方の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する