意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「ドラフト」

この言葉を見て何を思い浮かべるか?
ドラフト会議、ドラフトビール、ドラフトフォルダ、人により様々でしょう。
そんな多様な意味を持つドラフトについて意味をまとめました。

<ドラフトの意味>

日本で使われる主な意味を箇条書きします。

・人を選抜する

・下書き

・設計図

・通気、すきま風

・たる抜き


主にこれらの意味となります。(英単語の意味としてはもっと多彩)

このようにドラフトには様々な意味があります。
本来はラテン語の「引く」という意味の言葉のため、
「線を引く」「物を引く」など、様々な意味に発展しました。

次からそれぞれの意味を解説します。

・人を選抜する

これはドラフト製・ドラフト会議など、プロ野球でよく見かけますね。
人を選び抜くことを意味します。

・下書き

メールのフォルダに「ドラフト」とあるものがあります。
「ドラフトにしますか?」なんて聞いてきたら意味がわからないと恐いものです。
「線を引く」という意味から下書きになります。

・設計図面

英単語の意味として大きいのがこの設計図面です。
日本でも設計図面のことをドラフトと言う人がいます。
下書きと勘違いしないように注意。
これも「線を引く」からきています。

・通気、すきま風

英単語の意味としてこの通気があります。
ドラフト感、という言葉があれば、空気の流れる感覚のことです。
すきま風すーすー、というのもドラフト感の一員でしょう。
「空気を引く」という意味ですね。

・たる抜き

これはドラフトビール=生ビールのことです。
「樽から引く」という意味となります。


このように様々な意味があり、
紛らわしい言葉なのであまり使うのは避けた方が良さそうです。
こんな意味があるんだと知っておくだけで良いでしょう。


<ドラフトの使い方>

・プロ野球ドラフト会議に関する総合情報ページ

・サッポロビールのドラフトワン

・安全のために用いる局所排気装置「ドラフト装置」

・ドラフトを書くことが楽しみだ


以上、ドラフトの意味でした。

だからカタカナ語は嫌いなんだと言いたくなる言葉。


参画の意味 | 意味ブロトップへ | 煩雑の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する