意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「相違している箇所を上げていこう」

意味としては漢字そのままですが、
声で言われるとちょっと意味を考えてしまうところです。

<相違の読み方>

これは、

「そうい」

と読みます。
変換候補に「相異」もありますが、これは一般的ではありません。


<相違の意味>

これは、

「違いがある」

という意味です。
先ほどの例文の意味としては「違う箇所を上げていこう」という意味になります。

見解の相違という使い方であれば、
それぞれ見解が違うという意味になります。
その違いの説明となると、「相違点はこれで、」と「相違点」という使い方もあります。

時々見るのですが、「相違無い」という言葉。
これは「違いが無い」という意味になります。

印鑑相違という言葉もあります。
これは印鑑登録したものと使用した印鑑が違っているということです。


<相違の使い方>

・共通点・相違点を冷静に分析しよう。

・フォントによって文字に相違がある。

・A社との相違を教えてください。


以上、相違の意味でした。
見解に相違があるのは当然ですので、自分の考えが正しいと思わず、
相手の意見もよく聞くように心がけましょう。


アテンドの意味 | 意味ブロトップへ | レジュメの意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する