意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

街でよく見かける不動産関連の用語、
意味はわかるのだけど、本当にこの読み方で合っているのか?
といつも疑問でしたので、思い切って辞書で調べてみました。


<売家>

これは、「うりいえ」と読むようです。
でも、「うりや」とも辞書には書いてありました。
どちらが一般的かというと「うりいえ」のようなので、
以後、「うりいえ」と読むようにしましょう。

意味としては、そのままです。
売り出し中の家ということになります。


<売地>

これは、「うりち」と読みます。
「ばいち」、「うりとち」とももしかしたら読むんじゃないだろうかと
思っていましたが、辞書には載っていませんでした。

意味としてはこれもそのままで、
売り出し中の土地ということになります。


<貸地>

これは、「かしち」と読みます。

意味としては、貸しができる土地という意味です。


<貸家>

これは、「かしや」と読みます。
「しゃくや」ではないので、つい読み間違えに注意。

意味は貸しができる家ということです。


<借家>

これは、「しゃくや」と読みます。

先ほどの貸家は貸す側が使う言葉で、
借りた人が借りた家のことを言うのは、この「借家」となります。
ここは注意です。


<分譲>

これは、「ぶんじょう」と読みます。
読み方はわかると思いますが、正確な意味が気になったので一応・・

意味としては、「一部を分けて譲ること」という意味になります。
マンションなら、マンション全体から一部(部屋)を譲るという意味、
戸建の住宅街なら、大きな土地から分けて家を建てて売るので、
分譲という言葉になりますね。
となると、取り壊して新たに建てた建売住宅は分譲ではないということか?
その場合、「オープンハウス」とよく書かれている気がします。


以上、よく街で見かける不動産用語の読み方と意味でした。
また見かけたら追加するようにします。


シュールの意味 | 意味ブロトップへ | 打診の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>
  • 信販の意味




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する