意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「拙速な対応に不満が残る」

さて、どんな対応でしょうか?
人ごとなら良いですが、自分にメールにて言われたら反論したくなる言葉です。
話し言葉ではあまり使わず、ビジネス用語的なところで良く使われます。

<拙速の読み方>

これは、

「せっそく」

と読みます。
漢字そのままで変換もできます。

<拙速の意味>

これは、

「仕上がりの出来は悪いが、仕事は早い」

という意味になります。
なんか、そんな人いるいる、という言葉ですね。
最初の例文の意味を書くと、

「対応は早かったが、あまり良くない内容で不満が残る」

という意味になります。
よって、褒め言葉ではないので、使う時は注意しましょう。

意味としては漢字そのままです。
「拙」は「できの悪い」という意味合いで、
「拙者(せっしゃ)は、、」など、自分をへりくだって言う言葉としても使われます。

<拙速の使い方>

・拙速な原発再稼働に反対

・TPP参加表明は拙速だとし、再審議を求める

・いつもお前は拙速になってしまうから、今回は巧遅でやるように。

以上、拙速の意味と読み方でした。
スピードと質、どちらも大事です。時に難しい判断があります。
クラウドの意味 | 意味ブロトップへ | 感服の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
拙速は見たことがある言葉でしたが、いままで意味を調べずにいました。
あまりすすんで意味を調べることがないので、こういうブログは助かります!
2012/05/09(水) 18:41:21 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する