意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「もっと精査してから報告書を再提出してください」

さて、具体的にどのように作り変えればいいのか。
言葉の流れがあればわかりやすいですが、
メールでポンと来られると意味を知らないと難しい、かもしれません。

<精査の読み方>

これは、

「せいさ」

と読みます。
誤変換に注意。

<精査の意味>

これは、

「詳しく調べる」

という意味になります。


よって先ほどの例文は、
「調べ足りないので、もっと詳しく調べてから報告書を作り直してね」
という意味になります。がーん、と。

「精」は「詳しい」という意味を持ちます。
本来は「米を白くする=精米する」という意味での漢字で、
その意味から「白」に関する意味全般で使われています。
(汚れのない、などの意味)

「査」は「調べる」という意味の漢字。
本来は「木の名前の漢字・木を重ねる=いかだ」という意味の漢字です。
木を重ねる意味から転じて、調べるという意味で使われるようになったのだと思います。

よって二つを合わせると、
「詳しく調べる」という意味になります。
精米するようなイメージで調べる時に使いましょう。


<精査の使い方>

・緊急会合を開き、合意内容を精査する

・現在、換金申請には精査中を言い訳に一方的に拒否しています

・参加する準備はしているが、時期や提供する内容は現在精査している。


以上、精査の意味でした。

検収の意味 | 意味ブロトップへ | 校正の意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する