意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「摺動する箇所なので潤滑材を塗布する」

設計関係ではよく使われる言葉と思います。
しかし、変換はできないし、辞書にも載っていない。
なんでそんな漢字がよく使われているのか、不思議なものです。

<摺動の読み方>

これは、

「しゅうどう」

と読みます。

しかし、「しゅうどう」は慣用読みで、
本来は「しょうどう」となります。

変換は、「しゅう」と「どう」で別々にやりましょう。
一度やると次からは一発です。何でもそうですが。


<摺動の意味>

これは、

「すべって動く」

という意味になります。

ようは「動くところ」という意味ですね。
エアコンの口が上下に動きますが、そこの軸が摺動部と言われます。

「摺動性を上げるため」、と設計ではよく言われますが、
これは「動くところなので、動きを良くするために」という意味です。
こんな長ったらしい言葉を「摺動性」と簡単に言うことができるので、
便利な言葉ではあります。

<摺動の使い方>

・摺動部の材料としては最適です。

・シリコーンの持つ摺動性や耐熱性といった特徴を利用する。

・摺動面に用いる材質を選定する。


以上、摺動の読み方と意味でした。


如何の読み方と意味 | 意味ブロトップへ | 纏めるの読み方と意味

スポンサード リンク
<次の言葉の意味も知ろう!>




コメント
この記事へのコメント
正しくは「しょうどう」らしいですが
(「しゅうどう」は慣用読み)
もっとも「しょうどう」でも変換できません
2014/07/09(水) 19:39:08 | #-[ 編集]
お礼
管理人です。

慣用読みと気付かず解説しており申し訳ございませんでした。
確かに、漢和辞典は「ショウ」でした・・・。

本日に修正いたしました。
ご指摘ありがとうございます。
2014/07/10(木) 11:05:31 | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する