意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「首相 激甚災害指定の方向」

これは読めない人が多そうだ…。
検索する人続出だろう。
使命感を感じて書くことにします。

<激甚の読み方>

これは、

「げきじん」

と読みます。

「甚」は「甚大な(じんだいな)」や、
訓読みでの「甚だしい(はなはだしい)」などに使われています。


<激甚の意味>

これは、

「激しくはなはだしい」

「激しく度が越えている」

という意味になります。

「はなはだしい」というのは、
「程度が普通の状態をはるかに超えている」という意味。

「激甚」はそれをさらに超えるような、
非常に大きな問題・被害などが起きた場合に使います。

首相の発言の「激甚災害指定」というのは、
「とても激しい被害の災害と指定」という意味になります。
トップレベルの災害認定というところです。


漢字それぞれの意味と語源も説明します。

「激」は「はげしい」という意味。
字源は「川」と「強く叩く」の組み合わせ。
「叩くような強い川の勢い」となり、「はげしい」という意味になる。

「甚」は「はなはだしい」という意味。
字源は「かまど」と「鍋」の図=「置きかまど」です。
それがなぜ「はなはだしい」という意味になったのか?ですが、
かまどは火力が強いので「煮過ぎる=激しい=度を越えている」
という意味になったという説があります。
明確にはなっていない。

二つを合わせると「度を越えて激しい」という意味になる。
想像のはるか上というイメージです。


<激甚の使い方>

・早期の激甚災害への指定について速やかに対応する。

・激甚な損害を受けた。

・激甚化する集中豪雨。


以上、激甚の意味と読み方でした。

年々激しくなっていっている気がします。
今は大丈夫でも次は大丈夫じゃない。
そんな気持ちでいきたい。





<次の言葉の意味も知ろう!>




「雨備え 明るいうちに避難を」

しっかりと避難できる場所に避難したい。
おおよそ学校や大きな公園になっていると思います。
明日は我が身と、家族で避難場所の確認、約束はしておきたい。

<避難の読み方>

これは、

「ひなん」

と読みます。


<避難の意味>

これは、

「災難をさけて他の場所へ立ちのくこと」

という意味になります。


「災難を避ける」というのがポイントで、
ただ家の中が危ないから庭に出たくらいじゃ避難とは言えません。
100%安全という場所はありませんが、
安全とされている場所に行くことが避難になります。

より避難を知るために、漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「避」は「さける、よける」という意味の漢字。
字源は「移動する」と「わきに行く」の組み合わせ。
「路を避ける=回避する」という意味になる。
このまま進むと戦いになることが想定されるので、違う道に行くような感じです。

「難」は「むずかしい、はばむ、わざわい」などの意味の漢字。
字源は諸説あり明確ではありませんが、
「雨乞いのために祈る人」と「祈りを天に届けるための鳥」の組み合わせで、
その雨乞い成功率の低さから「難しい行為=難しい」という意味で使われたという説があります。
また、「その不幸な現状=わざわい」という意味にもなる。

二つを組み合わせると、「災いを避ける」となる。

地震自体が災いですが、それを避けることはかなり難しい。
緊急地震速報があったとしても、避難ではなく地震に備える行動となると思います。
よって使われ方としては「新たなる災いを避ける」となる。

避難をするためには、起こりうる災いを把握しないといけない。
地震だけしか想定していないのでは、津波にやられてしまう。
避難場所は意外と教えてくれないものです。
普段から自分の身は自分で守ると、人をあてにせず生きていくようにしたい。

<避難の使い方>

・小学校の体育館に避難する。

・熊本県内の避難者は9万1700人余。

・阿蘇市が避難勧告。



以上、避難の意味でした。

「多分大丈夫」は危険な思考。
無駄な行動になったとしても、確実に安全を求めたい。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「食料あと1日」旅館2軒孤立」

動物の「狐(きつね)」ではないので注意。
漢字としてはどんな意味なのか?知っておきたい。

<孤立の読み方>

これは、

「こりつ」

と読みます。


<孤立の意味>

これは、

「他から離れて一つだけ立っていること」

「仲間がなく一つだけで存在すること」

という意味になります。


他と繋がりがなく、独立している小規模な存在のことです。
「一つだけ」というのがポイント。

では、「孤立」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「孤」は「みなしご、ひとり」という意味の漢字。
字源は「子供」と「おそれおどおどする」の組み合わせ。
漢字としては「強い存在である父親がいない子供」となりますが、今では孤児(こじ)を意味します。
その意味から「仲間外れで弱い存在」というような意味で使います。

「立」は「たつ、さだまる」などの意味の漢字。
字源は「一定の位置に立っている人」を表す図です。
その部分に立つことを意味します。

二つを合わせると「仲間はずれで弱い存在の場所に立つ」となる。
それまでは孤立ではなかった地域も、
道路が寸断されれば支援できず、孤立となる。
唯一の繋がりが断たれたら孤立する地域は多いものです。

「救助が来るだろう」と安易に考えてしまいがちですが、
やはり普段からの心構えが重要になると思います。
明日は我が身の精神を徹底して生きたい。

<孤立の使い方>

・熊本 南阿蘇村 温泉旅館で51人が孤立。

・高千穂町で集落孤立。

・老親の「孤立死」を防ぐために。


以上、孤立の意味でした。

支援者、救助者の存在はとても大事だと感じます。
普段から協力し、支えていきたい。



<次の言葉の意味も知ろう!>




「二つの大動脈が寸断された」

具体的に意味を言うとなると難しい熟語です。
なんで「寸」という漢字なの?ということも知っておきたい。

<寸断の読み方>

これは、

「すんだん」

と読みます。


<寸断の意味>

これは、

「細かく切ること。ずたずたにすること。」

という意味になります。


これを理解するには、「寸」の意味を理解しなくてはならない。

「寸」は「一寸」など長さの単位として使われます。
一尺の10分の1(3.03センチ)。
字源は「手を広げた図」で、親指を除く指と指との間隔を意味します。
試しに測ってみてください。おおよそ3センチです。
その意味から「(長さが)わずか」という意味で使われます。

「断」は「たつ、ことわる」という漢字。
字源は「斧」と「織機の」の組み合わせ。
糸を切ることを表す漢字です。

二つを合わせると、「一寸ほどの長さに切る=細かく切る」となる。
その様子から「ずたずたになる」と、ひどく断たれた意味でも使われます。
冒頭の例文の「二つの大動脈が寸断された」は、
すぐに復旧ができないくらいひどく断たれたという意味になります。

単位を表す漢字ですが、ここまで意味を持たせて使われています。
漢字は想像力が大事。

<寸断の使い方>

・交通網、ライフライン寸断。

・家屋倒壊 道路寸断で孤立。

・阿蘇大橋が崩落、国道57号寸断。


以上、寸断の意味でした。

いつどこが崩壊してもおかしくない状況です。
無理をせず安全を心掛けていきたい。



<次の言葉の意味も知ろう!>




「重文も破壊」

古き建築の専門用語だろうなと思っていましたが、
いざ調べると衝撃的な意味でした。
これは書いておきたい。

<重文の読み方>

これは、

「じゅうぶん」

と読みます。

アクセントは「じゅ」です。
「十分」のアクセントとは違うので気を付けよう

<重文の意味>

これは、

「重要文化財の略」

または、

「主語と述語をそなえた部分を二つ以上含む文」

という意味になります。


熊本城の「重文」だと「重要文化財」の意味になります。
個人的にこの略し方はないだろと思ってしまいます。
しかし、辞書にも載っておりニュースも普通に使われているので、
知っていて当たり前の略語なんだろう。
恥ずかしながら、今まで知りませんでした。

なお、二つ目の意味の重文は、
「花は散り、木の葉は落ちる」という述語が一つの「単文」が二つ以上ある文のことです。
「重文で詩を作れ」とか言われることがない限り、知っておく意味はあまりない。

しかし、重文が重要文化財、
これは止めた方がいいと思う…。

--

以上、重文の意味と読み方でした。


<次の言葉の意味も知ろう!>