意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「懸賞6億円 96年のテロで逮捕」

「賞」はわかると思いますが、
「懸」とはどのような意味なのか?
懸賞を貰うためにも意味を知っていれば有利、かもしれない。

<懸賞の読み方>

これは、

「けんしょう」

と読みます。


「懸」の訓読みは「かける」です。
「かける」はよく使う言葉ですが、意味も漢字も多いので迷うところです。


<懸賞の意味>

これは、

「賞をかける」

という意味になります。

具体的には、

「物事を達成等した人に賞金や賞品を差し出す」

という意味で使われています。


「かける」というのは、高いところから吊り下げるなどし、
多くの人の目に付かせ、認識してもらうことを意味します。
気持ちをそちらに向かわせたりと、主に心にかける意味で使います。

よって、「6億円の賞金だ!」とかかげることが「懸賞」となります。
「命を懸ける」や「全てを懸ける」などはこの漢字です。


「懸賞」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「懸」は「かける、つりさげる」という意味の漢字。
字源は「木に吊り下げた首」を表します(おそらく敵国の戦士の首)。
「ここは我が国の領土だ!」とわかるようにするものです。

「県」は「縣」が正字です。
この漢字が領土等を表す意味で使われたため、
区別すべく「心」を追加し、「懸」の漢字が生まれました。

「賞」は「たまわる、ほめる」という意味の漢字。
字源は「貝(お金)」と「商」の組み合わせ。
「商」は「神に真意を問う行為」を表す漢字。
神や上の立場のものから認められた「功の褒美」という意味になります。

二つを合わせると「功の褒美をかける」となります。
頑張った人にやるぞ!という感じです。


<懸賞の使い方>

・ウィークリー懸賞付きクイズ。

・犯人情報に懸賞金700万円。

・学生を対象とした懸賞論文を募集する。


以上、懸賞の意味でした。

ネットで調べると様々な懸賞が見つかります。
ただ、やはり甘い話しには罠があるかもしれない。
個人情報目的等、悪質な場合があることも頭に入れておきましょう。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「Mt.Gox、破綻前に証拠隠滅か」

Yahoo!ニュースでは丁寧にふりがなを付けられていました。
漢字の意味と読み方を理解しておこう。

<破綻の読み方>

これは、

「はたん」

と読みます。


「綻」は訓読みでは「ほころびる(綻びる)」と読みます。
編が「金」の「錠(ジョウ)」もあり、やや間違えやすいので注意。


<破綻の意味>

これは、

「衣服等が破れてほころびる」

という意味になり、その意味から

「まとまっている状態が維持できなくなる」

という意味で使われています。


物事が行き詰まり、手の打ちようがない状態になったものです。
冒頭の例文は「完全に潰れる前に証拠隠滅を図ったか?」という意味になります。

破綻の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「破」は「やぶる」という意味の漢字。
字源は「石」と「皮」の組み合わせ。
「皮」は「うねる」という意味になるので、「石のうねらす=石を砕く」という意味になる。
石は硬くて強い存在なので、「強いものに勝つ」という意味でも使われます。
例えば、「強豪を打ち破った」など。

「綻」は「ほころびる」という意味の漢字。
字源は「糸」と「定」の組み合わせですが、「定」の意味に諸説ありハッキリしない。
元々は「定」は「旦」で、「旦」は「夜明け(隠れていたものが顔を出す)」となり、
「衣服がほころびて肌が見える」という説もあります。

二つを合わせると、「ほころびてやぶれる」という意味になります。
着物がほころびて破れる。元はそんな意味です。

<破綻の使い方>

・中国「民間金融」相次ぎ破綻。

・財政破綻を回避する策を考える。

・国家が破綻すれば債権者が損失を被る。


以上、破綻の意味でした。


ずっと形を保つというのは難しいもので、いつ破綻してもおかしくない。
という危機感を持って日々過ごしていこう。


<次の言葉の意味も知ろう!>