意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「兵舎崩落で23人死亡 ロシア」

「シリア爆発 世界遺産の壁崩壊」

今回はちょっとした類語を解説します。
漢字そのままの使い分けですが、「崩れ方(くずれかた)」で迷うところです。

<崩落・崩壊の読み方>

これは、

「崩落(ほうらく)・崩壊(ほうかい)」

と読みます。


<崩落・崩壊の意味>

これは、

「崩落:くずれ落ちること」

「崩壊:くずれ壊れること」

という意味になります。

意味としてはそう難しくないですが、使い分けがやや難しいです。


<崩落・崩壊の使い方>

「崩落」は「橋が崩落」など、高いところにあるものが落ちて崩れる場合に使います。
また、「株価が崩落」など、高いところから急に落ちる意味でも使われます。
「落」の漢字は、「木の葉が地面に至る=落ちる」という意味です。

「崩壊」は「堤防が崩壊」など、形を保っていたものが壊れて崩れる場合に使います。
「壊」は「土がつぶれる」ということを表した漢字です。


よって、「崩れ方」が「どのように」という考えでの使い分けです。
「ビルが崩壊?崩落?」と迷うところは多々ありますが、この場合はほぼ崩壊。
でも「ビルの足場が崩落」と詳細がわかれば変わるので難しい。

ちなみに、「倒壊」という言葉もあります。
これは「倒れ壊れる」となりますので、立っていたものが倒れる形で壊れたらこちらです。

なんとも使い分けが難しいですが、
漢字2文字で状況が伝わるだけに、しっかりと選びましょう。


--

以上、崩落・崩壊の意味と使い方でした。

おおよそ、見出しでこの言葉を使い、
詳細で「ビルの8階部分の床が抜けた」などと書くことになります。
見出しと違うやん!と言われないよう気を付けたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「神戸市議 政活費で架空委託か」

なぜこんな熟語を説明するのか?というのは訳がある。
と、ネタ切れの意味ブロ管理人が書いていきます。

<架空の読み方>

これは、

「かくう」

と読みます。

どちらも音読み。いたって普通です。


<架空の意味>

これは、

「空中にかけ渡す」

という意味になります。


電線を鉄塔間にかけ渡すイメージです。
雑学的なものとして、ロープウェーを「架空索道(かくうさくどう)」とも言ったり、
街中に張り巡らされている電線も「架空線」とも言います。

「架」は「木の棚」などかけ渡す役割の物全般に使います。
「加える」と「木」の組み合わせで、元は柱と柱の間にかけ渡す木を表したようです。

が、この意味としての使われ方はあまり見かけません。
多くの場合は

「事実に基づかず、想像によってつくりあげる」

という意味で使われています。

なぜか?ですが、
「空に架ける」ということは「何もないところに架ける」ともなります。
「もしこの空に架けたとしたら」と、「想像上のもの・実在しないもの」という意味で使われました。
「空に作る=想像」というものです。

「空」は「空事」や「空耳」など、想像や事実ではない意味でよく使われています。
昔の人は皆、空を見て考え事をしていたのかな、と考えさせられます。


<架空の使い方>

・架空の信託会社社員をかたる男から電話があった。

・架空の領収書を使って補助金を騙し取った疑い。

・架空線等上空施設の事故防止マニュアルを読む。


以上、架空の意味でした。

デジタル社会になって、より架空しやすくなったと思います。
その影響で、何が本当か?がわかりにくくなりました。
事実確認の徹底を。と社会人の基礎を忘れずに生きていきたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>