意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「『日本礼賛本』なぜ売れる?」

本屋好きなので、確かに最近は増えたなと思っていました。
なぜ?が気になる人はYahooニュース

そう、正しく読める人が少なそうなので、この漢字を取り上げました。


<礼賛の読み方>

これは、

「らいさん」

と読みます。


「礼」は「レイ」と読むことが多いですが、
「ライ」とも読みます(呉読み)。


<礼賛の意味>

これは、

「素晴らしいものとして尊い、ほめたたえる」

という意味になります。


元は仏語で、
「三宝(仏・法・僧)を拝み、今までの良い行いをほめたたえる」という意味の言葉です。
その意味から、「先人をほめたたえる」ような意味全般で使われています。


「礼賛」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「礼」は「神をまつる、その儀式、敬う」などの意味の漢字。旧字体は「禮」。
字源は「神」と「甘酒」の組み合わせ。
甘酒を用いた祭りごとの儀礼を意味します。

「賛」は「たすける、たたえる」という意味の漢字。旧字体は「贊」。
字源は「貝」と「すすめる」という漢字の組み合わせ。
「貝(昔のお金)をすすめる」となり、お金を贈ることを意味します。
その意味から「他人を助ける」、「贈る=褒める、良いと認める」という意味になりました。

二つを合わせると、「たたえ敬う」という意味になります。

ただ凄いと思うのではなく、
心から素晴らしいと思い、敬うような場面で使うようにしましょう。


<礼賛の使い方>

・アベノミクスを礼賛してきたメディア。

・英雄礼賛映画。

・誰もが創業者を礼賛している。


以上、礼賛の意味でした。

素晴らしいことをした先人を敬う気持ちは大事です。
そして自分も見習おうと、次は礼賛される側になる努力をする。
功績も大事ですが、素晴らしい人間であることも大事。
謙虚に、素直に生きたい。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「農相辞任 省内は驚きと安堵」

具体的に意味を答えるのが難しい言葉です。
「堵」の意味を詳しく説明します。


<安堵の読み方>

これは、

「あんど」

と読みます。


※辞書では「堵」の音読みは「ト」になるので注意。


<安堵の意味>

これは、

「心配が無くなり安心する」

という意味になります。


冒頭の例文は「省内は驚きもあったが、心配が無くなり安心の声も」という意味です。
大臣なんて誰がなっても同じだから…という気持ちがあるようにも思えますね…。


「安堵」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「安」は「やすらか、やすい」という意味の漢字。
字源は「先祖の霊を祀る部屋」と「儀礼中の女性」の組み合わせ。
「先祖の霊に平穏・無事などを祈る儀礼」となり、
それを行うことの意味から、「やすらか」という意味になった。
「やすい」は日本語の用法で、「やすらか=安い」となったもの。

「堵」は「土の垣」という意味の漢字です。
字源は「土」と「まじないの書を埋めた垣」の組み合わせ。
建物等の敷地を明確にするための土垣を意味します。

二つを合わせると、「土垣に守らており安らか」という意味になり、
心配が無くなるような安心を意味します。


<安堵の使い方>

・走り抜いた安堵の笑顔。

・事件の解決にて地元住民からは安堵の声が上がった。

・安堵の表情を浮かべた。


以上、安堵の意味でした。

人生は不安と安堵の繰り返し。
ほっと一息ついたのも束の間、次々と不安が迫ってきます。
ただ、その不安があるからこそ頑張れるものと考え、負けずに生きていきたいです。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「大衆魚アジ高騰 水揚げ減少で」

小アジならサビキで釣り放題なイメージがありますが、
大人のアジは減少傾向のようです(原因不明とのこと)。
よって「高騰」したというニュースですが、「騰」って何?と、知っておきましょう。

<高騰の読み方>

これは、

「こうとう」

と読みます。


沸騰(ふっとう)など使うので読める人が多いと思います。
「トウ」は音読みで、訓読みは常用ではありません。


<高騰の意味>

これは、

「物価などが高く上がる」

という意味になります。


冒頭の例文では「大衆魚アジの値段(相場)が高く上がった」という意味になります。
ほとんどの一般家庭ではそんなに困ることはないですが、
「アジフライができない!」など外食産業は大変なようです。

では、「高騰」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「高」は「たかい」という意味の漢字。
字源は「凱旋門」と「神に祈る詞を入れた器」の組み合わせ。
「大きな門で神に祈る儀礼」となり、「高大=高い」という意味になったものです。

「騰」は「あがる、のぼる」という意味の漢字。
字源は「船型の大きな器に盛った奉げ物を両手に持って上げる」と「馬」の組み合わせ。
「重たい奉げ物を上げるように馬が力強く跳ねる=勢いよく上がる」という意味になります。

二つを合わせると、
「勢いよく上がり高くなる」という意味になります。

よって、大きく物価や株価などが上昇する場合に使う言葉です。
また、「沸騰」など、水が馬のように跳ね上がるという意味でも使われます。


<高騰の使い方>

・電気代の高騰に頭を悩ませる。

・カカオの価格が世界的に高騰している。

・スイスフラン高騰で値上げ。


以上、高騰の意味でした。

どちらかというと悪いニュースでよく聞きますが、
不動産、株などは高騰で儲けて幸せな人もいます。
高騰するのは全く予兆が無いわけではないので、情報処理能力を高めたいものです。



<次の言葉の意味も知ろう!>




「インフルエンザの罹患者が1,000万人を越えた」

「患者」はわかりますが、「罹」って何?となる言葉。
部首の意味を知ればすぐわかりますので、この際に漢字マニアの道へ…


<罹患の意味>

これは、

「りかん」

と読みます。


<罹患の意味>

これは、

「病気にかかる」

という意味になります。


よって、冒頭の例文は「インフルエンザになった人が」という意味になります。
罹患者は文語体といったところです。


ますます「罹」の意味がわからなくなる人が多そうです。
「罹患」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「罹」は「かかる、遭う、うれえる」という意味の漢字。
字源は「網」と「鳥」と「心」の組み合わせ。
「網に捕らわれた鳥の心」となり、「災厄に遭う」という意味になります。

「患」は「うれえる、わずらう」という意味の漢字。
字源は「宝貝(昔のお金)に穴を開け連ねる」と「心」の組み合わせ。
「心に突き刺す=憂える、わずらう」という意味になります。

二つを合わせると、「災厄に遭い憂える」という意味になります。
ほぼ病気にかかることで使われます。


<罹患の使い方>

・アトピー性皮膚炎の罹患率。

・がん罹患者の人々を元気付ける内容です。

・日本人の乳がんの罹患率は増加傾向だ。


以上、罹患の意味でした。

年を取ると風邪には強くなりますが、
胃が弱くなったりと重大な罹患になる可能性が高くなります。
本当、健康第一で過ごしていきたい。
ただ、ウイルス系は若いうちにどんどんかかって免疫を付けるのが良いなと思います。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「安倍首相の意向を忖度した結果」

意味も読み方も難しい、そして見たことが無い漢字かと思います。
ニュースでたまに使われますが、意味が伝わる人は少ないでしょう。


<忖度の読み方>

これは、

「そんたく」

と読みます。

「忖」は音読みで「ソン」。
「度」は「ド・ト・タク」が音読みです。
「仕度(したく)」など、時々使うので「タク」は読めるでしょう。


<忖度の意味>

これは、

「他人の心をおしはかる」

という意味になります。


「おしはかる」というには、
「ある事柄をもとにして見当をつける(推測する)」という意味です。

よって、「他人の心を他の事柄を元に推測する」という意味になります。


では、なぜこの漢字がその意味になるのか?
「忖度」の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「忖」は「はかる」という意味の漢字。
字源は「心」と「寸=長さを測る」という漢字の組み合わせ。
「心を測る」という意味になり、他人の気持ちを推測するような意味になります。

「度」は「ものさし、はかる、たび、わたる」という意味の漢字。
字源は「席(むしろ)」と「手で広げる」という漢字の組み合わせ。
席とは藁(わら)などを編んで作った敷物のことです。
その席を広げて長さを測ることを表します。

二つを合わせると、「基準となるもので他人の心をはかる」という意味になります。
心をものさしで測る(調べる)ようなイメージです。


<忖度の使い方>

・彼女の心中を忖度する。

・いちいち忖度して気を配る必要はない。

・首相の判断を忖度した内容の記事です。


以上、忖度の意味でした。

簡単に言うと、本音を探るような意味になります。
建前ではそう言うけど、本音はこうだ、と忖度する。
他人の気持ちを察するのは難しいので、決め付けはしないように気をつけたい。



<次の言葉の意味も知ろう!>