意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「自らの不養生により持病が悪化した」

「養生材の定額レンタル」

人のことや建材のことにも使われる言葉です。
意味を言えるようにしておきたい。


<養生の読み方>

これは、

「ようじょう」

と読みます。


「ようせい」とも読みますが、一般的ではありません。


<養生の意味>

これは、

「生命を養う」

となり、具体的には、

「健康に注意する、身体の回復につとめる」

という意味になります。

身体を大事にして長生きする、してもらう。
そのような意味です。


これは人に対して使う意味で、
建材等の「養生」はこの意味から転じて、

「建築工事等で作業箇所の周囲をシート等で保護する」

「コンクリート等が硬化作用を十分に発揮するよう保護する」

という意味で使われています。


対象となるものを大事にして求める理想の姿でいられるよう、
保護すること全般を養生と言います。

塗装や鍍金(めっき)に置いての養生は英語の「マスキング」とも言います。
その部分に塗装や鍍金が付かないよう、テープや布、物でかぶせたりするものです。


さらに深く意味を知るために、
「養生」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「養」は「やしなう、そだてる」という意味の漢字。
字源は「食」と「羊」の漢字の組み合わせ。
「羊を飼い育てる(牧羊)」を意味します。
その意味から「やしなう、そだてる」という意味になりました。

「生」は「いきる、うまれる」という意味の漢字。
字源は「草が芽生える」ことを表している漢字。
よって、「命が生まれる、生きる」という意味になりました。

二つを合わせると、
「生まれたものを養う」、「生きる力を養う」という意味になります。


命を大事にして立派に育て、長生きさせる。
そのような意味で考えると良いです。


<養生の使い方>

・しばらくは養生に努めるようにしてください。

・季節や体調に合わせた養生法を発信するメディア。

・工事の際はしっかり養生すること。


以上、養生の意味でした。

自分の命も大勢に人から養生されてきたもの。
感謝し、大事にして生きていきたいです。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「バイラルメディアの著作権違反が問題に」

昨日に紹介した「キュレーション」と同じくよく見かける言葉です。
なにかと批判の的になります。
英語では「viral」。


<バイラルの意味>

これは、

「ウイルス性の」

という意味です。


よって、「バイラルメディア」とは、
「ウイルス性の情報媒体」という意味になり、

「感染する情報媒体=口コミで拡散される情報媒体」

という意味になります。


具体的には、「これは面白い!」と口コミで広がるコンテンツを作成し、
SNS(フェイスブックやツイッター)などで拡散してもらい、
そうしてアクセス数を増やす集客手段を行うメディアとなります。

真面目に独自コンテンツで行っている優良なメディアもあるのですが、
問題になるのはキュレーションでのバイラルメディアです。
他人のコンテンツを自分のコンテンツとして利用し、
アクセスは自分のサイトに集めて転載元にはほぼ流さず独り占めをする。
こうした手段が簡単にアクセスを集められるので、乱発している状態です。

ツイッターであれば、発信元のツイートをリツイートせずに、
自分のツイートとして発信するものです(パクツイと呼ばれています)。


ネットでは「注目されたい」「アクセス数を増やしたい」という気持ちで、
安易に他人の著作物を盗用してしてまう傾向があります。
また、「これはうけるだろう」と問題になるような行為をした写真をアップしたりと、
自己満足のためにやってはいけないことをやってしまう人が多いです。

これはいける!と思った時は一度冷静になり、
本当に問題ないか?と自問自答する癖を付けていってほしいなと思います。


<小ネタ>

「バイラル」は「ウイルス」の形容詞型です。
「ウイルス」も発音的には「バイルス」となります。


<バイラルの使い方>

・バイラルメディアに無断掲載された。

・急激なアクセス増加でバイラルの凄さを実感した。

・話題のバイラルムービーを紹介。


以上、バイラルの意味でした。

ここ最近は「自分さえ良ければいい」という考えが目立つ気がする。
人としての道、人としての精神、「道徳」の重要性を感じます。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「キュレーションメディアが多くなってきた」

最近IT系のニュースでよく見かけるカタカナ語です。
英語では「curation」。最近できた用語のようで、英和辞典にはありません。


<キュレーションの意味>

これは、

「収集して管理する、世話をする」

という意味の言葉で、IT用語としては、

「ネット上のコンテンツを収集し、独自に編集して提供するサイト(まとめサイト)」

という意味で使われています。


もっと言えば、「パクリサイト」や、「無断転載サイト」などとも呼ばれています。
著作権的に違法なサイトがほとんどで、何かと話題にはなりますが、人気が高いサイトです。
パクられた側には恩恵が無いことがほとんどなので、批判の的でもあります。
実際に訴えられて賠償金を支払うケースもあるので、
安易にキュレーションサイトを作るのは止めておきましょう。


代表的なキュレーションサイトとしては、「NAVERまとめ」があります。
その他、個人としては「2ちゃんまとめ」が有名で、無数に存在します。
企業が堂々と法律違反を行い成功する、なんとも不思議な現象です。
Googleも似たようなものですが、恩恵が大きいので受け入れられていると思います。


キュレーションの名詞型としては「キュレーター(curator)」で、
「学芸員・館長」という意味で使われています。「収集し管理する人」です。
実際には名誉ある職業ではありますが、ネット上ではそうでもないので、
「私はキュレーターです」というのは止めた方が良いと思います。


<キュレーションの使い方>

・観光情報を見やすくまとめている旅行キュレーションサービス。

・キュレーションプラットフォームの「MERY(メリー)」が買収された。

・人気記事をキュレーションして届けるサイトです。


以上、キュレーションの意味でした。

何事でも、自分さえ良ければ良いというものではなく、
相手の気持ちを考え、お互いが気持ちよくなる仕事をしていきたいものです。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「傲慢な態度をとるやつだ」

いざ漢字で書こうと思うとなかなか書けない言葉。
ほとんど見ない「傲」の意味を知っておこう。


<傲慢の読み方>

これは、

「ごうまん」

と読みます。


<傲慢の意味>

これは、

「自分が他者よりも優れていると考え、人を見下し礼を欠くさま」

という意味になります。


辞書的には「おごりたかぶって、人を見下すさま」とあります。
偉そうにして相手を馬鹿にする態度をとる人のことです。
そうなってはダメと、常に謙虚で素直な姿勢を心がけましょう。


「傲慢」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「傲」は「おごる、あなどる」という意味の漢字。
字源は「人」と「死者を叩いて壊す」という漢字の組み合わせ。
戦いで勝利した相手(死体)などの首をはね、「どうだー」という漢字です。
実際にはそうして敵に呪いをかけるなどすることが目的のようです。
そのさまから、「おごる、相手を見下す」という意味になりました。

「慢」は「おこたる、おごる、あなどる」という意味の漢字。
字源は「心」と「頭から被った布の間から流し目で見る」という漢字の組合わせ。
馬鹿にしたような感情で見ることを表します。
その意味から、「自分は凄い」と「おごる」という意味に、
また、余裕なさまから「心が緩む」という意味にもなります。

二つを合わせると、
「相手を見下しておごる」となります。


この意味の「おごる」は「傲る」と「驕る」があります。
一般的には「驕る」がよく使われています。

「驕」も「おごる」という意味の漢字。
字源は「背の高い種類の野生の馬」という意味の漢字。
言うことを聞かないさまから、「おごる」という意味で使われました。


類語も少々説明。

「自慢」は「自分自身をおごる」という意味。

「高慢」は「高いものと考えおごる」という意味。
地位や能力などが高いと思い、うぬぼれるさまです。

「暴慢」は「おごり乱暴なさま」という意味。


他にもありますが漢字の意味がわかればおおよそ理解できます。


<傲慢の使い方>

・部下には傲慢な態度で振る舞う上司。

・傲慢なアメリカに対する報復と発言した。

・巨大な組織になったために傲慢さが出てきた。


以上、傲慢の意味でした。

人を馬鹿にして良いことは何もないので、
良いところを見つけるよう意識して素直に生きていきたいです。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「金融業界向けのサービス」

「融資」など「融」はこの業界でよく使われる漢字です。
いろいろ「へぇ~」と思うことがあるので是非知っておいてください。


<金融の読み方>

これは、

「きんゆう」

と読みます。


<金融の意味>

これは、

「金銭の融通」

という意味です。


「金銭」はお金のこと。
「融通」は元は仏教用語で、「別々のものがとけ合って一体になり、通じ合う」という意味の言葉。
一般には、「妨げるものがなく、滞りなく通じる。柔軟に対応をする。」という意味で使われます。
※読み方:妨げる=さまたげる 滞り=とどこおり。

二つを合わせると、「お互いが一体となりお金が通じる」、
または「お金を滞りなく通じさせる(お金を流れさせる)」という意味になります。
金融は貸し借りでもあるので、お互いが繋がるような感じです。


金融機関とは、銀行や証券会社などお金を貸与、運用する機関全般を表します。
「消費者金融」は「消費者となる人向けの金融」という意味で付けられました。
「サラリーマン金融(サラ金)」とも呼ばれています。


「金融」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「金」は「金(キン)、お金、金属」という意味の漢字。
字源は「地中」と「埋まっている金属」の漢字の組み合わせ。
土に埋まっている金属を表すので、金属全般を意味する漢字です。。
単独なら金かお金を表しますが、「合金」など熟語であれば「金属」という意味が多いです。


「融」は「とける、とおる」という意味の漢字。
字源は「料理に使う釜」と「虫」の組み合わせ。
ただ「虫」は「蒸気」を表すようで、煮込んでいるさまを意味します。
そのため、「固いものがやわらくなる=溶ける」という意味になりました。
液体になるので「どこにでも通る・通じる」という意味にもなります。

別の説としては、釜に入っている料理が腐って虫が湧き、
料理が「腐ったもの」として一体になることを意味するという説もあります。
腐ったようにやわらかくなる=溶けるという意味になるというものです。

どちらにせよ、「固体が溶けて液体になる(自由になる)」という意味で考えると良いでしょう。


二つを合わせると、「お金を通じさせる」という意味になります。
お金を集めてかつ流れさせる。それが金融会社です。


<金融の使い方>

・日本の金融機関の年収を調査する。

・米国の金融引き締めが懸念される。

・香港民主化「金融街占拠」デモ。


以上、金融の意味でした。



<次の言葉の意味も知ろう!>