意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「世界中を席巻するワン・ダイレクション」

漢字だけ見ても意味がわからない場合は意味が転じている場合が多いので、
「そのような」という意味で考えると良いです。


<席巻の読み方>

これは、

「せっけん」

と読みます。


なかなか誤変換注意な読み方です。
また、「せっかん」と読まないよう注意。
音読みでも「カン」と「ケン」の二つがあります(呉読みと漢読みの違い))


<席巻の意味>

これは、

「むしろ(敷物)を巻くように領土を片端から勢い良く攻め取ること」

という意味になります。

「席を巻く」という意味から転じたものです。


現代では領土というよりも、「相手が占めているもの全般」に使われます。
冒頭の例文だと、イギリスのボーイズグループの「ワン・ダイレクション」が
世界中で凄い人気で、まさにむしろを巻くような勢いで人気を占めている、という意味になります。


席巻の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

「席」は「むしろ、せき、座る場所」などの意味の漢字。
字源は「建物」と「むしろ」の組み合わせ。
建物の中のむしろ(座るところ)という意味になります。
「居場所」という意味にもなり、「主席」など立場を表す漢字でもあります。

「巻」は「まく」という意味の漢字。
字源は「獣の皮」、「両手」、「巻く」という漢字の組み合わせ。
皮のような薄いものを巻くという意味です。

二つを合わせて、「むしろを巻く」となります。


端からくるくるくるっと勢いよく場所を回収するような意味で使いましょう。


<席巻の使い方>

・ヨーロッパを席巻する新しいディスカウントストア。

・妖怪ウォッチ 音楽界、映画界も席巻。

・中国を席巻しているコーヒーの人気。


以上、席巻の意味でした。

このくるくるの勢いは誰にも止められない!
と人生一度くらい攻めてみたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「消費社会のアンチテーゼとして誕生した無印良品」

Aさん:今じゃそうは思えない雑貨屋さんだけどなぁ。
Bさん:・・・まぁ意味はどうでもいいや。

と、意味がわかる人とそうでない人が生まれるようなことはあってはならない。
そのテーゼでこのブログを書く。
テーゼは英語ではなくドイツ語となり、「These」と書きます。


<テーゼ・アンチテーゼの意味>

これは、

「定立(ある問題についての肯定的な主張。またはその判断・命題)」

という意味になります。
※肯定的(こうていてき):物事を正しいと認めるさま


簡単に言うと、「正しいと認める主張」です。
よって「アンチテーゼ(Antithese)」はその逆で、
「反定立(正しいと認める主張に対する否定的な主張)」という意味です。


エヴァンゲリオンの主題歌で「残酷な天使のテーゼ」という歌詞がありますが、
これは「残酷な天使の命題」という意味になり、
「天使に与えられた(または天使が考えた)残酷ではあるが正しい命題」、という意味になります。


テーゼは哲学用語として、問題に対する正しい主張を意味する言葉でも使われます。
ヘーゼル弁証法というのが有名で、「テーゼ」、「アンチテーゼ」、「ジンテーゼ(総合)」の3つで弁証します。
※弁証:ある事柄を論じて証明すること

この弁証法としての使い方は詳しくないため、興味ある方は詳細は検索等で調べてみてください。


最後にまとめ。

テーゼ:肯定的な主張・命題
アンチテーゼ:テーゼに対する否定的な主張

です。


冒頭の例文は、物を作れば売れるということがテーゼだった大量消費時代に、
それではいけないというアンチテーゼの考えで誕生した、という意味になります。
今では海外出店するなどすっかり大きくなって凄い。
良い物と見せて安く売るという、商売の基本は強いなと思います。


<テーゼ・アンチテーゼの使い方>

・リーマン的生き方へのアンチテーゼはどの時代も若者を魅了するようだ。

・指揮官の持っている器量とテーゼが進める上で重要だ。

・日本国民に向けアンチテーゼを唱える。


以上、テーゼ・アンチテーゼの意味でした。

多くの人が参加する会議等でどうしても使いたいのであれば、
資料に「テーゼ(肯定意見)」など和訳を一度載せた方が良いと思います。
老若問わずカタカナ語乱用を嫌う人は多いので、意味の説明はマナーでもあります。
誰もが気持ち良く、と。なかなか無理な問題も多いですが、基本概念として持っておきたいです。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「憔悴しきって言葉も出ない」

残念なニュースの言葉をこうして取り上げるのは心が痛みますが、
読み方も意味も知らないまま過ごす人を減らしたいため。紹介します。


<憔悴の読み方>

これは、

「しょうすい」

と読みます。


「憔悴しきった」など、会話ではよく使います。


<憔悴の意味>

これは、

「心の痛みにより精神が衰え尽きそうになること」

という意味になります。


ショックで何もする気になれないほど落ち込む、
絶望的に思いやる気が全く出ない、そんな状態のことを表します。


憔悴の漢字それぞれの意味と語源を説明します。

「憔」は「やつれる」という意味の漢字。
字源は「心」と「鳥を焼く=焦げる」という漢字の組み合わせ。
心が焦げる=劣化するとなり、やつれるという意味になります。

「悴」は「やつれる、心が痛む」という意味の漢字。
字源は「心」と「尽きる」という漢字の組み合わせ。
心が弱くなり、尽きる寸前のことを表します。

二つを合わせると、
「心が尽きてやつれる」という意味になります。

心に元気が無くて尽きてしまいそうな状態全般の場合に使いましょう。


<憔悴の使い方>

・彼は強いショックを受けて憔悴しています。

・妻を無くし憔悴する夫を励ます。

・悲惨な出来事を憔悴した表情で語った。


以上、憔悴の意味でした。

そんなことは無いように祈りたいですが、誰にでもあり得ることです。
何事も受け入れられるよう、悔いのないように過ごしていきたい。



<次の言葉の意味も知ろう!>





「金銭的窮乏、過去に呂律回らず意識朦朧の時期も?」

元プロ野球選手の清原さんについての記事の題名。
まともなニュースは万人向けに平仮名で書くものですが、
この場合は文字数を減らすために漢字にしたと思います。(もしくは「変換できたから」か)

熟語が3つあるので、簡単に意味と読み方を紹介します。


<窮乏の意味と読み方>

読み方:きゅうぼう

意味:金や物品が不足して生活に困ること

「窮」は「きわまる、終わる、尽きる」という意味の漢字。
字源は身体が穴に詰まって身動きが取れないさまを表わす図です。

「乏」は「とぼしい」という意味の漢字。
字源は足を空に向けている図=死体を表す図です。


二つを合わせて、
「乏しさが窮まる(とぼしさがきわまる)」とそのまま読めば意味がわかります。


<呂律の意味と読み方>

読み方:ろれつ (正しくは「りょりつ」でしたが変化したもの)

意味:ものを言う調子。ことばの調子

「呂」は「背骨」という意味の漢字。
その意味から「長い、連なる」という意味もある。

「律」は「おきて、さだめ」という意味の漢字。
字源は、占いの言葉の通り歩むという意味を表す図です。

この二つは音楽用語としても使われており、呂律はその意味から転じたものとなります。

1オクターブを12律と言い、その中の陽となる音(奇数)を律、陰となる音(偶数)を呂と言います。
よって、呂律(りょりつ)は音律のことを表します。
「律が呂=律を連ねる」という意味です。

その音の調子を言葉に変えて、「言葉の調子」という意味でも使われるようになりました。
音楽の場合は「りょりつ」、言葉の場合は「ろれつ」と使い分けられています。


<朦朧の意味と読み方>

読み方:もうろう

意味:かすんではっきり見えないさま、意識がぼんやりとしてはっきりしないさま

「朦」は「おぼろ(かすんでいるさま)」という意味の漢字。
字源は「月」と「覆われる」という漢字の組み合わせ。

「朧」も「おぼろ」という意味の漢字。
字源は「月」と「龍(はっきりしないという意味)」で、月がよく見えないさまを表わします。

二つを合わせて、「月がかすんではっきり見えない」という意味になります。
その意味から、人の意識がはっきりしない様子についても使われるようになりました。



最後に冒頭の例文をわかりやすく書き直してみましょう。

「金銭的に乏しさがきわまる、過去に言葉が上手く回らず意識がぼんやりしてはっきりしない時期も?」

さすがに記事の題名としては長すぎるので、
担当者もやむを得ず漢字にしたのでしょう。



--------------------------


以上、窮乏と呂律と朦朧の意味と読み方でした。

なんでこんな難しい漢字を・・・とは思いますが、
使われるからこそ漢字を覚えるものでもあります。
「きっかけをくれてありがたい」と前向きに考えて勉強していきたい。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「ドラッカーと孔子の2,500年を経た邂逅である。」

なんて文章を見かけたので紹介。まさに邂逅。
時々見かけるので、意味と読み方は知っておきたいです。

<邂逅の読み方>

これは、

「かいこう」

と読みます。


「わくらば」とも読みますが、一般的ではありません。
訓読みでもないので、古語の当て字かもしれません。

基本は音読みの「かいこう」で良いでしょう。


<邂逅の意味>

これは、

「思いがけなく出会う、偶然の出会い」

という意味です。


冒頭の例文は簡単に言うと、
「ドラッカーと孔子の思想が偶然にも合わさった」という意味になります。
全く時代も分野も違う二人ですが、これは思いがけない出会いだ、と。


では次に「邂逅」の漢字それぞれの意味と語源・由来を説明します。

辞書を引いてみると、それぞれ「会う」という同じ意味になっていますが、
漢字が別れているということは、同じ会うでも意味が違うはずです。

ただ、漢和辞典などを見ても詳しい解説が無い。
よって漢字の組み合わせから考えると、

「邂」は「行って解く」(会って打ち解ける)
「逅」は「道で組み合わさる」(偶然に出会う)


という意味になると思います
どちらも「会う」という意味には違いないですが、意味は違います。


二つを合わせて熟語にすると、

「道で偶然に出会い打ち解ける」

という意味になります。

偶然に出会ってかつ、悩みが取れた・仲良くなったという良い出会いですね。


ただ、「邂逅」は元々「解后」とも使われていたので、
「行く」という漢字の「辶」は後から意味をわかりやすくするため付けられたかもしれません。
そのためか、ほぼこの熟語専用の漢字となっています。

「解后」は「組まれていたものが解ける」という意味になります。


いろいろ書きましたが、
まとめると、「偶然な良い出会い」という意味です。
良い出会いとは辞書には書いていませんが、漢字的にはこうなります。

<邂逅の使い方>

・出張先で邂逅した二人。

・二人が邂逅した教会から物語は始まる。

・2年前の邂逅がきっかけで、家族ぐるみの仲となった。


以上、邂逅の意味でした。

「巡り合い(めぐりあい)」とも訳されます。
この広い世界で偶然に出会う。よく考えると毎日のようにあることです。
出会いは一度きりかもしれないと思い、大切にしたいものです。

<次の言葉の意味も知ろう!>