意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「逐次推進しています。」

読み方も漢字からも意味が想像しにくい言葉です。
何かのクイズで出てきそうですが、
文章では時々見かけるので、一度は見たことがあるのではないでしょうか?


<逐次の読み方>

これは、

「ちくじ」

と読みます。
パソコンの変換では「遂次」とも出ますが、「逐次」が正しいです。


<逐次の意味>

これは、

「一つ一つ順を追って行う」

という意味になります。
先ほどの例文は、「一つ一つ順を追って推進しています。」という意味です。
決められた順番通り確実にとか、手順を抜けなくとか、そういった場合に使う言葉です。

「逐」という漢字に、「順を追って進む」という意味があります。
よって、順を追って次へ、という意味になるものです。

「逐次刊行物」という使われ方があります。
これは、「本などを共通の名称のもとに、終期を予定せず順を追い継続して刊行される出版物」
という意味です。

「逐次翻訳」というものもあります。
これは、一つの発言の区切り区切りで翻訳して話すことです。
なお、同時翻訳は話している最中に翻訳して話すものです。


<逐次の使い方>

・通訳初心者は逐次通訳からスタートする。

・可能なものから逐次実施していく。

・実施細則が逐次発表されることを明らかにした。


以上、逐次の意味と読み方でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「プロセスを示す資料です。」

一般的に浸透しているカタカナ語です。
「プロセスが大事だ」とか、誰もが使う言葉ですが、
当たり前過ぎて辞書で意味を調べた人がないと思われるため、解説します。


<プロセスの意味>

これは、

「過程・手順」

という意味になります。
いつものように、さらにそれぞれの意味を書きます。

「過程」とは、「物事が結果に達するまでの道筋」という意味です。
「手順」とは、「物事を行う順序」という意味です。
基本は「過程」の意味で考えていけば問題ないと思います。

「製造プロセス」と、ただ単に仕事の流れを示すことでも使われますし、
「プロセスを大事にせよ」と、仕事の道筋のことでも使われます。
大きな意味合いとしてはほぼ同じです。

同じ結果でも、プロセスの違いで評価のされ方が違ってきます。
この結果になって当然。そんなプロセスを心がけたいものです。


あと、コンピュータ用語としては、
「実行中のプログラム」という意味でも使われています。
タスクマネージャーを起動すると出てきますね。


<プロセスの使い方>

・勝敗よりもプロセスが大事と考えて行動する。

・プロセス管理の大切さを語る。

・プロセスを評価する。


以上、プロセスの意味でした。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「本日のトピックス」

インターネットをしていると何かと目に付きます。
しかし、日本語で言うと何?という質問をされると迷ってしまう言葉のため、
意味を詳しく書いていくことにします。
(「TOPIX」は東証株価指数のこと。今回とは関係無し)

<トピックスの意味>

これは、

「話題」

という意味です。
よって、例文は「本日の話題」となります。
数ある中での注目・話の種とか、そういった意味合いです。

ちなみに、「トピック」と「トピックス」と両方使われていますが、
意味としては同じです。複数形かどうかという違いです。


あと、違う意味として、「題目」という意味もあります。
題目とは、「作品などの標題」・「討議などで問題として取り上げる事柄」という意味です。
「トピックとしては、この問題になります。」など、
時々目にするかと思います。

どちらかというと、「話題」の意味で使われることが多いでしょう。


<トピックスの使い方>


・Yahoo!ニュース - トピックス 速報と関連リンクで世の中が分かる

・農林水産研究成果10大トピックス。

・旬なトピックスを様々な関連情報と合わせて提示する。


以上、トピックスの意味でした。


<次の言葉の意味も知ろう!>




「今後の設計方針について協議する。」

協議とか、審議とか、評議とか、類似後は様々あります。
それらも含めて説明していきます。


<協議の読み方>

これは、

「きょうぎ」

と読みます。


<協議の意味>

これは、

「集まって相談をする」

という意味になります。
「協」には「力を合わせる」という意味がありますので、
そのような相談の場を協議すると言うようにしましょう。

類似後で「審議」がありますが、
これは、「詳しく調査・検討し、そのものの是非を問う」という意味になります。

「評議」という言葉もあります。
これは、「集まって意見の交換をして話し合う」という意味になります。
それぞれの考えを論じるような集まりですね。

目的に応じて使い分けるようにしましょう。


<協議の意味>

・国と地方の協議の場を設ける。

・関連部署を集めて協議する。

・中断していた協議を再開した。


以上、協議の意味でした。
協議と言いながら協議になっていない集まりにならないように気をつけよう。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「ホームページに掲載していますのでご覧ください。」

転載とか登載とか「載」が付く漢字がいろいろありますが、
今回は一番身近であろう、「掲載」について意味を書いていきます。


<掲載の読み方>

これは、

「けいさい」

と読みます。


<掲載の意味>

これは、

「本などに文章や写真などを載せる」

という意味になります。
先ほどの例文だと、「ホームページに載せているのでご覧ください」という意味になります。

それぞれの漢字を分解して意味を解くとこうなります。

「掲」=目立つように載せて示す
「載」=書物などに記す

よって、目立つように載せることが掲載となります。
「秘密の暗号を自分のメモに掲載した」とは使いません。
そのような場合は、「記した」などを使うようにしましょう。


<掲載の使い方>

・読売新聞がおわび掲載

・リーズナブルな価格でより早く掲載するサービス。

・過去に掲載した新着情報一覧。


以上、掲載の意味でした。
掲載するからには、誰が見ても理解できる文章を心がけたいものです。


<次の言葉の意味も知ろう!>