意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「翡翠って綺麗だよね」

こう言われると、「どっち?」と考えなくてはなりません。
かなり難しい漢字ですが、聞くのはよく聞きます。
へぇ~な成り立ちもありますので、意味を書いていきます。


<翡翠の読み方>

これは、

「ひすい」

または、

「かわせみ」

と読みます。
どちらでも変換できます。


<翡翠の意味>

これは、

「宝石の翡翠(ひすい)・またはその色」

という意味と、

小さくて綺麗な鳥「翡翠(かわせみ)」

という意味になります。


なぜそのような二つの意味があるのか?ですが、
それは翡翠の色に答えがあります。

翡翠の写真

*wikipediaから写真引用。こちらのページ


この羽の色がそのまま「翡翠色」と呼ばれるようになりました。
また、この漢字が使われている由来も、上記uwikipediaのページに記載ありましたので引用します。

>「翡」は赤い羽、「翠」は青い羽を指しているとも、
 「翡」はオス、「翠」はメスを指しているともいわれている。

なるほど。しかし、辞書ではよくわからず。
言われているというレベルなので、説の一つなのかもしれません。


<翡翠の使い方>

・ミャンマー産の高品質な天然翡翠のみを使用した翡翠ジュエリー

・翡翠との出会い

・こだわりの創作翡翠玉作り


以上、翡翠の意味でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「アウトローなやつだ」

ビジネスではあまり使わないですが、
テレビとかではよく見かけるカタカナ語です。


<アウトローの意味>

これは、

「無法者」

という意味になります。
辞書的には、「法の保護や秩序の外にある者」と説明があります。

しかし、実際に日本での使われ方としては、
「アウトロー的な」という意味がほとんどです。
本当のアウトローはヤクザとか、裏の世界の人のことだと思います。
だけど、「アウトロー社会人の」とか言う人が多いので、
もうアウトローは、「不良」「やんちゃな」という意味で理解するようにしなくてはなりません。


ちなみに、英単語の「outlaw」の意味を見てみると、
複数意味がありましたので、ご紹介します。

1、無法者、お尋ね者

2、法の恩典と保護を奪われた者

3、手に負えない馬

馬はよくわかりませんが、このような3つの意味がありました。
英単語でoutlawが出た場合は、翻訳に注意することにしましょう。


<アウトローの使い方>


・西部劇でのアウトロー達

・アウトローに憧れる若者がいる

・アウトロー的でかっこいい


以上、アウトローの意味でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「鋭意勉強中です。」

あんまり使う人はいないですが、
見るのは良く見る言葉です。
つい、「せいい」と読み間違え注意(それはないか。

<鋭意の読み方>

これは、

「えいい」

と読みます。


<鋭意の意味>

これは、

「気持ちを集中して励む」

という意味になります。
最初の「鋭意勉強中」というのは、「すごく集中して勉強しているところです。」という意味です。
まぁ、漢字通りの意味ですね。
気を鋭く一点集中。よって、主に一つの事柄について使う言葉となります。

どうもこのブログの更新の時は、音楽や食べたり飲んだり。
とても鋭意更新中とは呼べないものです。
欲しい、このスキル。


<鋭意の使い方>

・鋭意執筆中です。

・現在ホームページ鋭意製作中です!

・無農薬米、鋭意刈り取り中。


以上、鋭意の意味でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「取引を斡旋する。」

なかなか読み方が難しい漢字です。
よく聞く言葉なので読めはしますが、また意味もハッキリと答えにくい言葉です。


<斡旋の読み方>

これは、

「あっせん」

と読みます。
変換は簡単。書くのはあまり使わない漢字なので難しい。


<斡旋の意味>

これは、

「間に入って双方を上手く取り持つ」

という意味になります。
例文の「取引を斡旋する。」というのは、
「間に入って双方が上手く取引できるようにする。」といった意味になります。

どのように間に入るのか?になりますが、
斡旋の場合は「紹介する」という意味が大きいです。
欲しい人、売り込みたい人、繋がりがない人を紹介して繋げる。それが斡旋です。
派遣会社、不動産管理会社など、いろいろな業種がありますね。


<斡旋の使い方>

・斡旋収賄という公務員の犯罪行為。

・より良い物件を素早く斡旋する。

・物件斡旋や入居後フォローを手掛ける。


以上、斡旋の意味と読み方でした。


<次の言葉の意味も知ろう!>



「null」

この英単語はプログラミングなどをするとよく見かけます。
特にアクセスのクエリーではよく使います。

<nullの読み方>

これは、

「ヌル」 または 「ナル」

と読みます。
こちらで発音は聴けますが、
「ヌル」と「ナル」どちらでもない感じです。
「ヌ」と「ナ」を同時に言ったような発音になります。


<nullの意味>

これは、

「何も無い」

という意味です。

何も含まれないとか、空の値という意味になります。
アクセスのクエリーだと、「空白」という指定になります。

ちなみに、英和辞書での「null」では、
「無価値の」「存在しない」「空の」「特徴のない」などの解説がありました。



<nullの使い方>


・AccessでNULLのデータを判断する方法。

・値がnullである変数を調べる。

・クエリでフィールドのNull値を抽出する。


以上、nullの意味でした。
<次の言葉の意味も知ろう!>