意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

現場に行って様々な体験ができた。
会社へ帰ると上司が一言、

「簡単で良いから所感をメールで送っといて」

?報告書じゃなくて所感!?どうしよう!?

…という変な前置きで始まりました所感の意味についてです。
その意味で本当に合っているか!?と言われると即答が難しいものです。

<所感の読み方>

これは、

「しょかん」

と読みます。
そのままです。


<所感の意味>

これは、

「影響を受け心が動いたところ・感想」

という意味となります。

よって、簡単に言うとただ心に感じた事柄となります。
辞書を見ても、所感と感想は同じ意味となっていました。

ただ、言葉としては使い分けされています。
感想文を所感文とは言わないと思いますし、
どちらかと言うと所感は堅い言葉だと思います。
年頭の所感、などよく言いますね。

どちらかと言うと「感想」の方が100%意味が通じると思いますので、
若者相手など日常会話では感想と言う方が良いのではないかと
個人的には思います。


一応、漢字本来の意味としても解説します。

「所」は「神聖なところ」という意味の漢字。
その意味から転じて、「場所・ところ」という意味になりました。

「感」は「影響を受け心が動く」という意味の漢字。

二つを合わせると、
「影響を受け心が動いたところ」という意味になります。

「感想」は「影響を受け心が動いた事柄を想う」という意味。

よって同じような意味です。


<所感の使い方>

・平成二十年・年頭の所感. 文部科学大臣

・記者会見で「所感」をまとめた文書を発表し、

・ネットサービスの進化に対する所感


以上、所感の意味と読み方でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>




「ブログを更新する」

なんでもかんでも更新と使うのはよくないので、
この際正しい意味を知っておこう。


<更新の読み方>

これは、

「こうしん」

と読みます。


<更新の意味>

これは、

「新しいものに改める」

という意味になります。


既存の物や内容を新しく改めることに使う言葉です。
「契約更新」であれば、「現在の契約内容を新しいものに改める」という意味になります。
昔のものを破棄するような感じです。

「更」は「さらに・あらためる」という意味。
漢字の由来は「台座を二つ重ねて上から叩く」となり、
地面を固める、霊をやつけて新たな状態にするというような意味になるようです。

古いものを新しくする。
そんな意味で考えておきましょう。


<更新の使い方>

・100メートル走の記録を更新した。

・50連敗でワースト記録を大幅に更新した。

・更新プログラムの適用後、動きが悪くなった。


以上、更新の意味でした。

<次の言葉の意味も知ろう!>