意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク

「任天堂、3DSの新モデル「New 3DS」を発表!」
http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2014/140829.html

お値段据え置きの性能アップ版のようですね。
と、ここで「DS」の意味が気になったので調べてみました。


<DSの意味>

これは、

「デュアルスクリーン(Dual Screen)」

という意味です。


「ダブルスクリーン(Double Screen)」との説明も見かけましたが、
英語の意味的には「デュアル」で合っているかなと思います。
ただの2つの液晶ではなく、2つで1つという使い方のためです。
二つの液晶で処理をするので、デュアルコアなどと同じと考えます。

サイズ等、1として存在するものが2倍になるのであれば「ダブル」が使われます。
「ダブルベッド」「ダブルブッキング」などなど。
よって、もし液晶サイズが2倍になったのであれば、ダブルスクリーンでいいでしょう。
ただ、日本語として紛らわしいので、「ダブルサイズスクリーン」などと言われると思います。

まとめとして、

「デュアル」は「二重の、二者の」という意味の形容詞。
語源はラテン語の「2」を意味する「デュオ(duo)」で、
それに性質を表す「AL」という接尾辞を付けた形容詞です。
「二つで一つを成す、二つによる」という意味で考えると良いです。

「ダブル」は「2倍の、二人用の、同じものが二つ重なる」などの意味。
語源はラテン語の「二つに折られた」という意味の言葉。
よって、「二つにしたもの」という意味になります。


--


次に「スクリーン」を説明します。
「ディスプレイ」とどう違うのか?

「スクリーン」は「映し出す画面、幕」という意味。
語源はゲルマン語の「防護物」という言葉。
物に被せて保護するもの全般を意味します。
その布が映画の幕に使われたのか、映画の幕=画面という意味にもなりました。
本来の意味である「保護・遮断する物」という意味でも使われます。


「ディスプレイ」は「展示する、映し出す装置」という意味。
語源はラテン語の「折りたたんだものを広げる」という言葉。
「布を広げて見せる」という意味になり、「展示する、表に出す」などの意味になります。
また、画面に展示ということで、その装置のことをディスプレイと言ったのでしょう。


よってニンテンドーDSの「デュアルスクリーン」は、
一つの出力に映し出す画面が二つなので「スクリーン」になります。

ガラケーの背面にある「サブディスプレイ」のように、
映し出す装置が二つあり独立している場合は「ディスプレイ」と使われます。


--

以上、ニンテンドー「DS」の意味でした。

言葉一つ一つに疑問を持つといろいろ覚えて楽しいです。






「VIP対応の準備をする。」

本来の意味とは違う意味でも使われているので、
何が本当の意味かよくわからなくなっている人も多そうです。


<VIPの読み方>

これは、

「ビップ」

または、

「ブイアイピー」

と読みます。


どちらの読み方でもいいですが、
「ビップ」の方が簡単でよく使われている気がします。


<VIPの意味>

これは、

「最重要人物・特別待遇を要する人」

という意味になります。

首相や大統領など国家的な重要な人に対してよく使われます。
その他、企業としての重要人物に対しても使われます。
どこまでがVIPか?というのがないため、このあたりは曖昧です。

しかし全体的で見ると、「特別待遇をする人」という意味での使われ方が多いように感じます。
単なるお客様をVIPといったり、ただの「お得意様」という意味も散見されます。

VIPは略語で、正確には「very important person」となります。
「とても・重要な・人」です。

ネット上(特に2ちゃんねるなど)でもVIPという言葉をよく使われていますが、
これは冗談や皮肉で使っているもので、重要人物としての意味ではないです。
「特別対応」という意味合いで考えましょう。


<VIPの使い方>

・要人をVIPルームへ案内する。

・ただの平社員なのにVIP待遇を受けた。

・各国のVIPが来日した。


以上、VIPの意味でした。

日本語で直訳の「重要人物」と言うと冗談を言ってるとしか思われないので、
曖昧な言葉のVIPがよく使われるようになったと思います。
クレーマーや対応がめんどくさい人も「VIP」と言ったり、
日本語でのVIPはもう適当な状態になっています。
でも、それが言葉。言葉の世界は楽しいです。






「今度MCを担当することになりました田中です。」

ライブなどでは普通に聞く言葉です。
単語の頭文字2つですので、この際に単語を覚えましょう。

<MCの読み方>

これは、

「エムシー」

と読みます。


<MCの意味>

これは、

「司会者、進行係」

または、

「コンサートなどで曲の合間に行う演奏者のトーク。またその時間。」

という意味です。

英単語としては、
「master of ceremonies」となります。
「master」は「マスター(自由に駆使できる人・支配者)」という意味で、
「ceremonies」は「セレモニー(式典)」のことです。
合わさると、司会者のことですね。

では合間に行うトークのことをなぜMCというかですが、
これはわかりませんでした。
英語ではなく和製のようです。
コンサートでは基本、演奏者が進行を仕切るので、
演奏者自体をMCとも呼べます。
MCの時間、演奏者の時間ということで、
演奏以外の時間のことをMCと言うようになったのではと推測します。


<MCの使い方>

・初めてのライブでのMCの内容に悩む。

・結婚式のMCをやることになった。

・MCが上手いと評判のアーティスト。


以上、MCの意味でした。
さすがに会社での会議では進行係のことをMCとは言いません。
ただ、時代の流れで議事録に「MC:田中」と書く人が出てくるかもしれません。





「このイラストだったらgifで保存するのがいいよ。」

パソコンをやっている人なら、誰しも見たことがあるこの「gif」
画像ファイル形式の一つで、主にイラストなど色数が少ない画像で使います。
gifファイルは、「cat.gif」と拡張子が「gif」となります。


<gifの読み方>

これは、

「ジフ」

または、

「ギフ」

と読みます。
読み方は決まっていないようで、どちらでもいいようです。
このgifは、「Graphics Interchange Format(グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット)」
の略となっています。

昔はgifで作ったアニメーションをサイトのバナーにするのが流行った気がします。
今はもう、サイトのバナーという存在が薄れています。
これは、ブログと検索が主流になったからではと思います。
あの頃は良かったな、、、と言いたいところですが、
よく考えるとあの頃は情報が少なく、ヤフーカテゴリが全てだったような。
今のインターネットの方が楽しいです。
ただ、個性的なあのテキストサイトを見かけなくなったのは寂しいです。


以上、gifの読み方でした。
まだまだ主流のファイルです。アニメーションを作るのは楽しいです。





「altとenterでセル内で改行できますよ。」

この「alt」の読み方、初めて見たら悩むと思います。
そして何の英単語なのかもわからないはずです。
そんないつも側にいるaltについて解説していきます。

<altの読み方>

これは、

「オルト」

と読みます。
「Alternate」の略となります。
発音については下記goo辞書で確認してください。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/2370/m0u/Alternate/

しかし、この発音を聞くと、「オルト」「アルト」どちらも言っています。
方言の違いのようなものでしょうか?
ただ、日本語ではオルトが正しいようです。


<altの意味>

これは、

「代わりの・交互の」

という意味があります。
altキーを押しながら他のキーを押すと、
そのキーの機能が代わるので、「代わる」というような意味でaltキーなのだと思います。
「Alternate」の意味については、上記リンク先を参照ください。


以上、altの読み方でした。





「null」

この英単語はプログラミングなどをするとよく見かけます。
特にアクセスのクエリーではよく使います。

<nullの読み方>

これは、

「ヌル」 または 「ナル」

と読みます。
こちらで発音は聴けますが、
「ヌル」と「ナル」どちらでもない感じです。
「ヌ」と「ナ」を同時に言ったような発音になります。


<nullの意味>

これは、

「何も無い」

という意味です。

何も含まれないとか、空の値という意味になります。
アクセスのクエリーだと、「空白」という指定になります。

ちなみに、英和辞書での「null」では、
「無価値の」「存在しない」「空の」「特徴のない」などの解説がありました。



<nullの使い方>


・AccessでNULLのデータを判断する方法。

・値がnullである変数を調べる。

・クエリでフィールドのNull値を抽出する。


以上、nullの意味でした。




「Name ・・TBD」

この「TBD」の意味について書いていきます。
ビジネス用語として知っておくと良さそうなので。。

<TBDの意味>

これは、

「後で決める予定」

という意味になります。
よって、先ほどの例文だと「名前は後で決める予定」という意味になります。
空白だと入れ忘れか、本当に入れていないのか、さっぱりわからないので、
このように書くものです。
日本でも、空白は空白とわかるように線を引くなどするよう教えられます。
自分なら普通に横線、パソコンならハイフンを入れます。


今回、それとは違い、「後で決める予定」ということで、
空白ではない、と伝える意思があるものです。

TBDとは「to be determined」の略です。
「determined」の意味としては、「~することを決心している」という意味です。
決心と予定ではえらい違いますが、、、そこは気にしない。
「要決定」「後で決定する」と訳されている方もいます。
決めることが決定している予定と考えれば良いかと思います。


以上、TBDの意味でした。





「N/A」

エクセルで関数を使った時によく出ますね。
なんとなくの意味はわかりますが、
正確には知らなかったので、調べてみました。


<N/Aの意味>

実はこれ、二つ意味があります。

1、「該当無し」(not applicable)

2、「利用不可能」(not available)


という意味になります。


どちらもN/Aに略せますね。

wikipediaに詳しい説明がありましたので引用します。

>・Not applicable

>Not applicableは、2つ以上の物体が組み合わない場合や該当しない場合に使われる。
>例:スポーツの総当たり戦の対戦表で、同じチーム同士が対戦するセル(升目)に記載される。

>・Not available

>Not availableは、データが存在しないか一時的にデータが無い場合に使われる。
>例:価格表において、まだ販売価格が設定されていない新発売の商品の値段の欄に記載される。


確かに、どちらも似たようば意味なので「N/A」で統一しても良いですね。


<N/Aの読み方>

これは

「エヌエー」

となります。

そのまま読むことにしましょう。


<N/Aの使い方>

・VLOOKUP関数で出てしまう#N/Aエラー回避するもうひとつの方法!ISERROR関数を使う!

・順位を求める対象であるセルA1を空欄にすると、
 引数に使用できる値がなくなるため「#N/A」のエラーが表示されます。

・データにN/Aが多いのはなぜだ?


以上、N/Aの意味でした。




「i.e. love」

英語の論文などで使う人がいます。
なんとなくはわかるのですが、調べたついでに意味を書いて行きます。

<i.e.の読み方>

これは、

「アイ・イー」

と読みます。

そのままですね。


<i.e.の意味>

これは、

「即ち(すなわち)」

という意味になります。


なぜ「即ち」という意味になるのか?についてですが、
これは、ラテン語の「id est」の略になります。
英訳すると、「that is」になります。
「that is」が「即ち」という意味になります。

ただ、これは慣用的な使い方になるようで、
英語の教科書などは使われず、普通に「that is」と書かれているようです。


<i.e.の使い方>

・ Also, the enhanced performance in "hard"
  piezoceramics is only realized under stringent
   operating conditions (i.e., quite high s and Eac),

・My wife compared my cooking to prison food. (i.e., they are similar)



以上、i.e.の意味でした。






「こちらのFAQを見てください」

さぁ、なんて読む?

ファッキュー!(違います

これはもう、読み方が人により違い永遠の問題ですが、
辞書にはハッキリと読み方(発音)が書いてあるので、
それが正しいということにします。


<FAQの読み方>

これは、

「ファック」

または、

「エフ・エー・キュー」

と読みます。


ということで、英語はお馴染み
goo先生(辞書)のページを見てみましょう。
「音声を再生」ボタンを押すと、発音が聴けます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/30487/m0u/%EF%BD%86%EF%BD%81%EF%BD%91/

「ファック」または「エフ・エー・キュー」と言っています。

ということで、もう「ファック」と読むようにしましょう。
あえてアクセントを変えて読むと、別の「ファック」と勘違いされないでしょう。
「エフ・エー・キュー」はちょっと意味が通じない可能性があります。

一番通じそうなのがローマ字風の、「ファッキュー」ですが、これは読まない模様。
人に伝えやすくファッキューが可愛いのでファッキューと読んでいたりしましたが、
これだけは違うみたいです。残念。


<FAQの意味>

これは、

「よくある質問と回答をまとめたもの」

という意味になります。


英語では「frequently asked question」となり、
「frequently(頻繁に)」
「asked(尋ねる)」
「question(質問)」
という意味になります。

--

以上、FAQの読み方でした。

「ファック」は良くない言葉なので、言う時は一応注意しましょう。
英語での発音も、どちらもほぼ同じです。
セクハラにならないよう、お気をつけください。