意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「あの人は八方美人よねぇ。」

良い意味で使われることはほぼなく、
嫌味のような悪い意味として使われる言葉です。

<八方美人の読み方>

これは、

「はっぽうびじん」

と読みます。


<八方美人の意味>

これは、

「誰に対しても愛想良く丁寧に振る舞う人(受けが良いように演技する人)」

という意味になります。

人間は好き嫌いがありますので、
誰にでも愛想良く振る舞うことはできないものです。
よって、誰にでも愛想良く振る舞う人は、「演技しやがって」と思われるのです。
八方美人など存在しない!と。

本来の意味は、「どこから見ても欠点の無い美人」という意味です。
八方とは、東西南北とそれぞれ斜めを追加しての8方向です。
東北東はどうなるんだ?360度、いや3D表現でいくともっとあるぞ!と
言ういじわるな人がいるかもしれませんが、
「どこから見ても」という意味になります。

幼稚園や小学校ではみんなと仲良くと教えられますが、
実際には不可能と思いますので、嫌いな人とは話さないなど、
気楽に過ごすのがいいのではと私は考えます。
全員と仲良くできない、そんなことで子供は悩んでしまうとかわいそうです。
八方美人という言葉があるように、ほぼありえないことなのだから・・・。


<八方美人の使い方>

・職場で嫌われないよう八方美人を心がける。

・八方美人にならないよう気をつけている自分が嫌だ。

・ご近所付き合いでは八方美人です。


以上、八方美人の意味でした。
若い人に多い気がします。年を取ると無理なことに気付くのかもしれない。





「一期一会の気持ちでやること。」

漫画の影響もあるのか、よく聞く四文字熟語です。
知らない人なら「いっきいっかい」と読んでしまいそうです。

<一期一会の読み方>

これは、

「いちごいちえ」

と読みます。
読み方としては難しい部類です。
マイナーな四文字熟語であれば、読めない人は多いでしょう。


<一期一会の意味>

これは、

「一生に一度しかない出会い・一生に一度限り」

という意味になります。

「一期」は一生という意味になります。
これは仏教用語で、人が生まれてから死ぬまでのこと=一生です。

「一会」は法会(ほうえ)など、一つの集まりのことをいいます。

二つの意味を合わせると、
「一生に一度しかない集まり=出会い」という意味になります。

元は茶道の心得で、一つ一つの茶会を一生に一度しかない出会いと思い、
その気持ちで誠意を尽くしなさいというものです。
常に全力で、この気持ちは大事ですね。


<一期一会の使い方>

・一期一会の精神で務めること。

・一期一会にはしたくない。

・あの人とは一期一会となるかもしれない。


以上、一期一会の意味でした。
これは一期一会にはならないと思っていても、
人はいつ死ぬかわからないものです。
毎日を大事にしていきたい。