意味ブロ - ちょっと難しい言葉の意味まとめ

なんか最近よく使われるけど、この漢字の意味は何?そんな問題を解決するブログです。
スポンサード リンク


「それはエキスパンションジョイント」

建築の専門用語ですが、カタカナ語として気になったので調べてみました。
初見ですらっと読むのは難しい。

<エキスパンションジョイントの意味>

ekisupannshonjointo.png
※引用元:http://www.kaneso.co.jp/seihin/MX66TRF.htm

これは、

「構造物相互を緊結せずに接続する方法。
熱膨張や収縮,地震などによる振動に対して,
構造物に応力が生じないようにするために用いる。」

by大辞林

というものです。

Wikipedia「エキスパンションジョイント」の
「異なる性状を持った構造体どうしを分割して
力を伝達しないようにする継目のことをいう。」

もわかりやすい。

建築には詳しくないため引用しました。

例えば、2棟の建物を渡り廊下等で連結している場合、
がっちり引っ付けると運命共同体のようになってしまうので、
隙間を設けてバラバラに動かし、共倒れや無理な力が加わらないようするために使われるようです。
隙間があると危ないので、その隙間を残しつつ外観上は隙間が無いようにするのが、
エキスパンションジョイント。

さて、個人的に気になるのは「エキスパンション」。
英語では「Expansion」となり、「伸縮・拡張・拡大・膨張」という意味となる。
「ジョイント(joint)」は「継手・接合個所・継ぎ目」。
二つを合わせると「伸縮継手」となり、いわば可変型の継手という意味になります。
隙間の大きさが変わっても問題なく外観上の隙間を無くせるのが特徴。

あえて建物を揺らして地震に強くする設計をしているので、
このエキスパンションジョイントは当たり前の建築仕様のようです。
ガッチリしてそうで、意外と隙間だらけ。
今後はそんな目で建物を見るようにしていきたい。

--

以上、エキスパンションジョイントの意味でした。





「バーベキューをしよう!」

という季節になりました。
さて、焼肉とはどう違うのか?今年こそは意味を知りたい。
英語では「barbecue」と書き、略して「BBQ」または「Bar-B-Q」となります。

<バーベキューの意味>

これは、

「牛や豚の丸焼き・じか焼き」

という意味から転じて、

「屋外での焼肉パーティー」

という意味になります。


語源は「丸焼きにする台」となります。
屋外で大きな肉を焼いて、大勢で食べることから、
「屋外での焼肉パ-ティー」としての意味が定着しました。

屋外で大勢で食べる焼き肉なんかを「バーベキュー」と呼び、
家で家族で食べるような場合は「焼肉」と呼ぶようにしましょう。

語源としても、肉を焼く大きな台を使う料理=直火で肉を焼く=屋外になります。


<バーベキューの使い方>

・手ぶらでバーベキューが楽しめる施設です。

・ファンの交流を目的としたバーベキューパーティー。

・横須賀新港にBBQパークが誕生。


以上、バーベキューの意味でした。

庭でやるのは煙で迷惑がかかる恐れがあるので、
できれば河原など何も気にすることないところでやりたいものです。
大雨での増水による事故だけは十分ご注意を。





「ルーチン業務の効率化をやっていきましょう。」

リーマンとしては重要なところです。
パソコンのブラインドタッチは特に必須と思います。
元はフランス語で「routine」と書きます。

<ルーチンの意味>

これは、

「決まりきった手順、日常の仕事」

という意味になります。


冒頭の例文は、「日常業務の効率化」という意味です。
例えば、型にはまった事務処理や、いつもの部品の補充などなど。
毎日やる仕事なので、効率化が重要な課題となります。

ルーチンの語源は「route(ルート)」で、「道」を意味する言葉です。
ルーチンはその形容詞型となります。
ただ、「道のようなもの」を表す名詞型としても使います。

この語源から直訳すると、「ルーチン業務=道のような業務」となり、
「決まった通りに進む業務」という意味になります。


いつもの仕事はなかなか変えられないものですが、
常に革命を起こすような気持ちで仕事をすることが大事です。
また、「本当にやらないといけない仕事?」と疑問も常に持ちたい。

ただ気をつけたいのが、何事も「理由があってやっている」わけですので、
理由も知らずに「これは無駄だ!」というと反論をくらいます。
理由を知る、他のやり方を考える、代替案を提示する、という流れでいきましょう。


<ルーチンの使い方>

・ルーチンワークの割合が多い。

・長年ルーチンを繰り返していた。

・もっとも効率の良いルーチンを確立した。


以上、ルーチンの意味でした。

パソコン業務が多い現代は、自動化をすると効率化にとても貢献できます。
定例の資料作成なんかも、プログラムを作ればクリック一つでOKです。
作るのには時間がかかりますが、とても楽になりますので、是非挑戦してみてください。





「スーツを着て来てね」

と言われると、想像するのが仕事でよく着る背広だと思います。
しかし、英語では背広と特定はされていないので、正しい意味を知っておきたい。
英語では「suit」です。


<スーツの意味>

いろいろな意味がありますが、一般的なのは、

「一揃いの服」

という意味です。


よって、「スーツ=背広」ではありません。
背広は英語では「ビジネススーツ(Business suit)」とも言います。
このように「○○suit」という使い方が多くなります。

日本語でも「ダイビングスーツ」など、
「揃いの服」や「専門の服」という意味で使われています。

他によく聞くのは「スーツケース(suitcase)」ですが、
これは「衣装を入れる箱」という意味になります。
背広だけを入れるものではなく、衣装運搬用の箱として生まれたものです。
※詳しくはこちら→スーツケースの由来


語源はラテン語の「従うもの」という意味の言葉。
その意味から「揃いの服」となりました。


英語では他の意味もあります。


<名詞として>

1、トランプの組
2、訴訟、願い出る
3、真似をする、従う

<動詞として>

1、都合が良い
2、似合う
3、ふさわしい


どれも語源の「従うもの」から転じた意味となります。
英語でのsuitは様々な意味があることを知っておきましょう。


<スーツの使い方>

・広島大学が生活にフィットしたパワードスーツを開発。

・リクルートスーツを買った。
(ほぼ、会社のリクルートが作った言葉です。)

・カズはワインレッドのスーツで登場した。


以上、スーツの意味でした。

地味な就職活動用スーツをよく見かける時期になりました。
入社を目的にせず、人生の目的を目指して頑張ってほしい。
目指すところがある人間は力強さがあります。





「バイオレンス描写が話題に」

意味は説明するまでもありませんが、
語源とちょっとした間違いなどをご紹介。
英語では「violence」。


<バイオレンスの意味>

これは、

「暴力・乱暴・猛烈」

などの意味になります。


冒頭の例文は「暴力描写が話題に」という意味です。
※描写=びょうしゃ(描き写すという意味)

バイオレンスの語源は、ラテン語の「力で扱う」という言葉。
「バイオレイト(violate)」という動詞が元で、
それから名詞型・形容詞型などに発展しました。

その「力で扱う」という意味から転じて、
「暴力をする、法律等を犯す」などの意味になったものです。

バイオレンスはその名詞型となります。

まとめると、

動詞:violate
形容詞:violent
名詞:violence
名詞(行動系):violation


日本のカタカナ語では、
「violent(バイオレント)」と「violence(バイオレンス)」がよく使われます。

が、この使い分けにかなり間違いが見られます。
次に使われ方と意味・正しい使い方などを説明していきます。


<バイオレンス・バイオレントの使い方(使われ方)>


・○ドメスティック・バイオレンス(DV)。
→「家庭内・暴力」

・○バイオレンスアクションが売りです。
→「暴力行為」

・×バイオレンスさに定評がある。
→「暴力さ」と名詞に「さ」を付けるのはおかしい。
 形容詞型の「バイオレントさ」が正しい使い方です。

・×バイオレンスな表現が求められる。
→「暴力な表現が」になりおかしい。
 ここも形容詞型の「バイオレントな表現が」が正しい。

・○バイオレンス性も高くなる。
→「暴力性」

・○楽しいバイオレンスがたっぷり見られる。
→「楽しい激しい行為」

・○バイオレンス過ぎると話題に。
→「激し過ぎる」。

・×バイオレンスな予告編。
→「暴力な予告編」となりおかしい。
 形容詞型の「バイオレントな予告編」が正しい。


注:日本でのカタカナ語は名詞・形容詞が曖昧なので、
  英語的には間違いですがカタカナ語として間違いとは100%言い切れないところはあります。


以上、バイオレンスの意味でした。

できるだけ冷静に、平和に過ごしていきましょう。
でもそんな世の中だからこそ、バイオレントな作品が人気があるのかもしれません。






「ビュッフェとバイキングの違い」

よく話題になる疑問ですが、
ここは意味ブロらしく根本的な意味から解説します。


<ビュッフェの意味>

これはフランス語で、元々は

「飾り棚」

という意味でした。

上段は棚、下段に扉のつく飾り棚を「ビュッフェ(buffet)」と呼ばれました。

※当時のビュッフェ

byuffe.png

http://yokoyamakagu.com/より引用

ここにちょっとした料理を置いて、
立食で食べるスタイルが流行ったらしく、
「ビュッフェ=好きに取る=立食」という意味で使われるようになりました。

ビュッフェだけでなく、カウンターでも同じようなことをしたので、
列車の簡易食堂やバーのカウンターで提供される形式の食事も意味します。
※この場合、背もたれがない椅子に座って食べるスタイルもあります。

よってビュッフェは、
「自分で料理を好きに取って立食する」
というスタイルの食事となります。


「食べ放題」という意味ではありませんが、
結果的に食べ放題であることは多いです。

日本でのビュッフェは料理を取る時は立ちますが、
食べる時は座ることがほとんどとなります。
後述する「バイキング」として使われている場合が多いので気をつけましょう。


<バイキングの意味>

バイキングは「食べ放題」を表す言葉ですが、
元々は西ヨーロッパに存在した海賊のことを表す言葉でした。
よって、料理とは全く関係のない言葉です。

なぜバイキングが「食べ放題」になったのか?
それは、1957年に帝国ホテル支配人の犬丸徹三という人が、
旅先のデンマークで目にしたスウェーデン料理「スモーガスボード」がきっかけです。

「スモーガスボード」というのはビュッフェ形式の食べ放題料理。
そのまま日本に導入しようとしたのですが、
名前が難しいという理由から違う名前を考えたそうです。

当時、「バイキング」という映画が流行っており、
その食事風景が豪快で印象的なものであったことから、
流行に乗る形で「バイキング」と命名されました。

そのため、バイキングというのは日本独自の料理スタイル名となります。
ほぼビュッフェ形式ですが、「オーダーバイキング」と注文し放題のバイキングもあります。


<日本での食べ放題の名称いろいろ>

ということで、日本ではビュッフェもバイキングほぼ同じ意味です。
ただ、「ビュッフェスタイル」では、食べ放題とは書いておらず、
「自分で取って立食するスタイル」となるので、食べ放題ではない可能性があります。

そんな名称をいろいろ集めました。

・ビュッフェレストラン
→テーブルにある料理を好きに取って食べるレストラン

・ビュッフェスタイルレストラン
→上記と同様

・デザートビュッフェ
→好きなデザートを取って食べるスタイル

・朝食ビュッフェ
→テーブルにある料理を好きに取って食べる朝食

・ランチビュッフェ
→ランチ料理を好きに取って食べるスタイル

・イタリアンビュッフェ
→イタリア形式のビュッフェではなく、イタリア料理を好きに取って食べるスタイル

・ビュッフェ・バイキング
→食べ放題がビュッフェ形式と明確にしたもの

・バイキングレストラン
→食べ放題のレストラン

・ディナーバイキング
→食べ放題の晩御飯


・・・・キリが無いので打ち切り。


以上、ビュッフェとバイキングの違いでした。

バイキングは食べ放題しかないので安心ですが、
ビュッフェはただの立食である可能性があるので注意してください。






「マック ナゲット異物を紛失」

何かと大変なマックですが、ここで一度「ナゲット」の意味を確認しましょう。
何がナゲットで何がチキンかを知っておきたい。
英語では「nugget」です。


<ナゲットの意味>

これは、

「金塊」

という意味です。

特に、地中にある天然の貴金属の塊のことを表すそうです。


ではなぜこれが食べ物のナゲットの名前になったのか?
まず、マックのナゲットは「チキンマックナゲット」が正式名称です。
よって、「チキンの塊(マックの)」という意味になります。
チキンを金塊に見立てたものです。

元はこの料理の考案者が命名したもので、それが一般的に広まったようです。
ただの料理名ですので、「チキンマックナゲット」は
「チキンを使ったマックのナゲット料理」と考えるのが良いでしょう。


ナゲットには「○○ナゲット」と様々な種類のナゲット料理があります。
そのため「ナゲット=鶏肉」というものではありません。

「ナゲット=金塊風(主に素材を小麦の衣で揚げた・焼いた)料理」

と思っておけば良いでしょう。

ちなみに、料理方法としてはミンチ素材などを塊にして、
小麦の衣を付けて揚げた、または焼いた料理を言います。
そのため、形が一定になるものです。

「チキン」は「鶏」のことです。
こちらもナゲットと同じで、「フライドチキン」を略して「チキン」と言うので、
ナゲットとチキンが紛らわしくなっています。
ナゲットは料理法のことなので、ナゲットではない料理法で揚げたチキンは
「フライドチキン」と言うのが良いでしょう。

ローソンの「から揚げ君」は微妙なところですが、
料理法としてはほぼナゲット、味付けはから揚げといったところでしょうか。
和風ナゲットと言えます。


<ナゲットの使い方>

・モスバーガーでナゲットを注文する。

・豆腐と魚を使ったナゲットを発売した。

・ナゲットに欠かせないのはケチャップとマスタード。


以上、ナゲットの意味でした。

家で作るのは面倒なので外食のイメージが強い。
しかし、そんな足元を見てか、ナゲットはなぜか高い。
日本では手軽さが全くないのが残念な料理です。






「オファーなし中村紀 焦りも」

ビジネス用語としてよく使われるカタカナ語です。
意味は99%わかると思いますが、和訳・語源を知っておきたい。
英語では「offer」です。


<オファーの意味>

これは、

「提示、申し込み、申し出」

という意味になります。


冒頭の例文は「中村選手への球団からの申し出がなく、焦りも」となります。
具体的には「この条件でうちの球団に来ないか?」というお誘いになります。
このように、オファーは獲得するために条件を提示する意味でよく使われます。

オファー(offer)の語源は、ラテン語での「~の方へ運ぶ」となります。
何らかの目的で、相手に差し出すこと全般を意味します。

販売者が購入に関して条件を提案する意味で、ビジネス用語としてよく使われます。
よくあるダイレクトメールもオファーの一種です。
「あなたにはこの指輪がおすすめです。特別に50%オフの20万円で」と。
そんなオファーは断るのも受け取るのも自由。オファーする側は難しいものです。

その他、人材獲得としてのオファーもよくあります。
「年収1200万円出すので来ないか?」というのもオファーです。
「そのオファーはお断りします」と、和訳よりも短く確実に言えるのが良いところです。
和訳だと「その提案は」となりますが、どの提案かがハッキリしないので誤解させる恐れもあります。
オファーは条件を含めたお誘い全体のことを表すので、何かと便利です。


<オファーの使い方>

・目を引くようなオファーを打ち出した。

・アフリカ大陸から参戦オファーが届いたようだ。

・昨日に正式オファーを受けた。


以上、オファーの意味でした。

オファーと実際に感じるのは、仕事のお誘い、昇進などになりますが、
人生でオファーはそう経験するものではないので、不慣れで損をする場合があると思います。
他のの会社から引き抜きされたら、部長昇進のお誘いがあったら、海外支部長の、など、
想定されるオファーへの態度は事前に考えておきたいものです。






「堺雅人主演の『リーガルハイ』」

靴のブランド名としても有名ですが、
それ以外でも何かと耳にするカタカナ語です。
英語では「legal」。


<リーガルの意味>

これは、

「法律に関する、法律上の、合法的な、適法の、」

という意味のになります。


いろいろ書きましたが、リーガルは「法律」の形容詞となります。
よって「法律の」という意味全般になります。
名詞と組合わせて「法律に関する」という熟語が多く作られています。

冒頭の例文で紹介したドラマの「リーガルハイ(Legal High)」は、
「法律での陶酔・高揚」という意味になります。
「high」は「高い所」という意味ですが、転じて「気分が高い」という意味になります。

「リーガルハイ」は造語なので辞書にはありません。
よって語源や由来は本人に聞かないとわかりませんが、
「弁護士が法的に動き、自分に酔いしれる」そんな意味として作られたのでしょう。

靴ブランドのリーガルも「法律の=日本の、本物の」という意味だと思います。


その他、いろいろな熟語がありますので、
使い方と合わせて意味を説明します。


<リーガルの使い方>

・調査内容をリーガルパッドに書き込む。
 (法律用箋と言い、非正式な内容のものを書き込む場合に使う剥ぎ取り式ノート。)

・世界の名作でリーガルマインドを学ぶ
(法律の精神・心という意味。法律を筋道立てて的確に判断する能力。)

・リーガルプロフェッションに相談する。
(法律のプロという意味。弁護士など。)


以上、リーガルの意味でした。

意味が通じる確率は低そうなので日本語で言うことをおすすめします。
正しいことを言っても意味が通じないと意味がない。






「バイラルメディアの著作権違反が問題に」

昨日に紹介した「キュレーション」と同じくよく見かける言葉です。
なにかと批判の的になります。
英語では「viral」。


<バイラルの意味>

これは、

「ウイルス性の」

という意味です。


よって、「バイラルメディア」とは、
「ウイルス性の情報媒体」という意味になり、

「感染する情報媒体=口コミで拡散される情報媒体」

という意味になります。


具体的には、「これは面白い!」と口コミで広がるコンテンツを作成し、
SNS(フェイスブックやツイッター)などで拡散してもらい、
そうしてアクセス数を増やす集客手段を行うメディアとなります。

真面目に独自コンテンツで行っている優良なメディアもあるのですが、
問題になるのはキュレーションでのバイラルメディアです。
他人のコンテンツを自分のコンテンツとして利用し、
アクセスは自分のサイトに集めて転載元にはほぼ流さず独り占めをする。
こうした手段が簡単にアクセスを集められるので、乱発している状態です。

ツイッターであれば、発信元のツイートをリツイートせずに、
自分のツイートとして発信するものです(パクツイと呼ばれています)。


ネットでは「注目されたい」「アクセス数を増やしたい」という気持ちで、
安易に他人の著作物を盗用してしてまう傾向があります。
また、「これはうけるだろう」と問題になるような行為をした写真をアップしたりと、
自己満足のためにやってはいけないことをやってしまう人が多いです。

これはいける!と思った時は一度冷静になり、
本当に問題ないか?と自問自答する癖を付けていってほしいなと思います。


<小ネタ>

「バイラル」は「ウイルス」の形容詞型です。
「ウイルス」も発音的には「バイルス」となります。


<バイラルの使い方>

・バイラルメディアに無断掲載された。

・急激なアクセス増加でバイラルの凄さを実感した。

・話題のバイラルムービーを紹介。


以上、バイラルの意味でした。

ここ最近は「自分さえ良ければいい」という考えが目立つ気がする。
人としての道、人としての精神、「道徳」の重要性を感じます。